Pocket

スタンフォードの自分を変える教室、

ケリー・マクゴニガルさんの本を読んだ。

 

神崎朗子さんの訳である。

 

ケリー・マクゴニガルさんは、

スタンフォード大学の心理学者である。

 

誘惑や依存症に苦しんだり、物事を先延ばしにしたり、

やる気が出なかったりして、困った経験のある方々

つまり、すべての人に本書を捧げます。

 

この本で、意志力を使って

自分を変えることができる。

 

理屈だけではなく、科学的にも、

証明が示されている。

 

意志力

「やる力」「やらない力」「望む力」

 

3つの力を使えば、目標を達成する。

意志力である。

 

意志力は、人生を左右する。

意志力が強ければ、人生がうまくいく。

 

  • 健康
  • 学力
  • 出世
  • 長寿
  • 結婚

など、あらゆることである。

 

人生
人生

 

人生を変えたければ、

意志力を、強くする。

 

前頭前皮質が、コントロールする

脳の、前頭前皮質の比率は、

進化の過程で、大きくなった。

 

前頭前皮質の役割。

  • 歩く。
  • 走る。
  • 手を伸ばす。
  • 押す。

体の動きを、コントロールする。

 

進化していくうちに、役割が増える。

  • 感じる。
  • 考える。

行動を、コントロールする。

 

瞑想

瞑想をすると、脳はどうなるか?

自己コントロールの能力が

向上する。

 

瞑想をすると、意志力が発達する。

スポンサーリンク

 

どのくらいで、瞑想の効果が

出るのか?

瞑想の練習を、8週間

毎日、続ける。

瞑想によって、前頭前皮質に、

血流を、増やすことができる。

 

瞑想で、脳を鍛えることにより、

潜在能力を引き出す。

 

最近の研究。

たった5分間の瞑想で、効果が出る。

 

慣れてくれば、10分、15分と

時間を延ばしていく。

 

呼吸も大事で、意識して、吸って、吐く。

 

瞑想
瞑想

 

10章を1つずつ、エクササイズしていき

無理なく、意志力を、高める。

そして、自分を変えていくことができる。

 

↑ Amazonへ。

 

スタンフォードの自分を変える教室【電子書籍】[ ケリー・マクゴニガル ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket