Pocket

「人生はいくらでもわくわく生きられる」

多湖輝さんの著書である。

 

多湖輝さんは、心理学者である。

 

この本は、「幸せになるコツ」である、

「幸せマジック」をレッスン1から

レッスン5で、学ぶ。

 

玉虫くんという、キャラクターが登場して

この「幸せマジック」の種明かしをしてくれる。

 

玉虫色に生きる。

 

この本を、読み進めると、玉虫色に生きて、

人生がわくわくするようになる。

 

周りに好かれるレッスン1

レッスン1は、周りと協調して、

自分を大切にする方法が

書いてある。

 

例えば、メールを送った相手から、返事がこない。

イライラしてしまう時は、どうするか?

 

ここで、玉虫色が登場する。

 

玉虫くん
玉虫くん

 

1つの考えにとらわれないこと。

 

「来ない来ない。」と焦らずに、

相手を思いやる。

 

何か事情があって、返事が

遅れているのではないか、など

いろいろと思う。

 

「返事が来ない。」という

1つの考えから、脱する。

 

わくわくレッスン2

「負け組なんて存在しない。」

 

「負け組」「勝ち組」を意識して、

やりたいことをしないで、

くよくよするより、やりたいことを

思う存分して、成功する。

 

やるだけやったら、なるようになる。

 

余裕ある人になろう、レッスン3

レッスン3は、物事をする時は、

頑張りすぎないコツを学ぶ。

 

頑張って、突っ走ると、

息がきれてしまうものだから。

 

人間関係もそうである。

相手のことを、全て知りたいと思わずに、

ほどほどにしておく。

 

そうすることで、円滑に、

物事が進むのである。

スポンサーリンク

 

自由に発想、レッスン4

レッスン4は、自由な発想ができるように

なるコツが書かれている。

 

何かアイデアが必要な時、がちがちに

1つの考えにはまってしまうことがある。

 

そんな時は、「こうであるべきだ。」と

いう考えを取ることで、思考が自由になる。

 

幸せ完成、レッスン5

レッスン5は、幸せマジックの総仕上げである。

 

自分を発見する。

玉虫色に染まっても、自分を持とう。

 

玉虫くんの友達、

カメレオンくんは言う。

 

周りに合わせて、体の色を

変えているけれど、

トカゲにはならない。

 

一人一人、みんな違っていい。

そんな違いを、自分で見つけよう。

 

わくわく生きられる
わくわく生きられる

 

優しく、語りかけるような口調で

書いてあるので、楽しく理解することが

できる。

 

そして、幸せになるための、

心のあり方が、この本でわかる。

 

↑ Amazonへ。

 

人生はいくらでもわくわく生きられる!【電子書籍】[ 多湖輝 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket