Pocket

図解スティーブ・ジョブズ全仕事、

桑原晃弥さんの著書である。

 

桑原晃弥さんは、

経済・経営ジャーナリストである。

 

アップル、グーグル、トヨタなど、

幅広く企業を取材している

経験の持ち主である。

 

スティーブ・ジョブズさんの偉業を、

1つ1つ解説とともに

「見える化」・・・視覚でわかるように

図が書いてある。

 

直感で理解できるようにする。

スティーブ・ジョブズさんの好んだ手法である。

 

この本は、その手法を用いて、

スティーブ・ジョブズさんの仕事の全てが

わかるようになっている。

 

全てを受け入れるとまでは、いかなくても

トップに立った人の、仕事術を参考にして

自分の生き方、仕事に生かすと良い。

 

人の人生は、真似をしようとしても、

簡単には真似できないものだから・・・。

 

全部で72の項目がある。

目次の後に、歴史の教科書のように

年表が載っている。

スティーブ・ジョブズさんの仕事である。

 

56年という生涯で、これだけ発展的で、

画期的な仕事をして、人々に役にたち

喜ばれるものを作ったのだと、感嘆する。

 

挑戦力のメソッド

3つの会社をゼロから育て上げた時、

リスクをどう乗り越えていったか。

 

貫徹力のメソッド

ノーと言うことの魔力を知っており、

使っていた。

 

逆境力のメソッド

どのように、挫折をチャンスに変えてきたのか?

 

説得力のメソッド

プレゼンテーションの技術を、見てみる。

 

独創力のメソッド

内なる声を大事に、市場調査をしていた。

 

人材力のメソッド

個人の力を、最大限に引き出す方法とはなにか。

スポンサーリンク

 

改革力のメソッド

常に改革してきた。ライバルのいない分野にいた。

 

情熱力のメソッド

ビジネスに「心」を生かす。夢を抱き続ける。

 

コラムとして、

アップルに関わった人たちが載っている。

 

ジェフ・ラスキンさん、バレル・スミスさん、

ロン・ウェインさん、マイク・スコットさん、

アルビー・レイ・スミスさん、スティーブ・ウォズニアックさん、

マイク・マークラさん。

 

夢を大きく持ち、自分の限界は決めずに

前に進み続ける。

 

このことが、人生を謳歌できる秘訣である。

そう教えてくれる。

 

アップルの製品
アップルの製品

 

↑ Amazonへ。

 

図解 スティーブ・ジョブズ全仕事【電子書籍】[ 桑原晃弥 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket