Pocket

必ずものになる話すための英文法STEP5中級編Ⅰ、

市橋敬三さんの本を読んだ。

 

英語を勉強する。
英語を勉強する。

 

  • 推量
  • 意向
  • 提案
  • 助言
  • 名詞節
  • 使役動詞
  • 感覚動詞
  • 完了形
  • 受動態

 

英会話では使いこなしにくいものもある。

 

文法事項の、それぞれの例文を1つ暗記する。

 

応用していけば、楽しく使いこなすことが

できる。

 

例文も長くなってくるので、

80回音読は、時間がかかるかもしれない。

 

この本では、80回音読を推奨している。

 

文法事項は75項目ある。

75例文を暗記すれば良い。

 

75例文かける80回、

トータル6000回音読する。

 

空き時間で、音読すればよいので、

気合をいれることはない。

 

自然に、習慣として取り入れれば、

楽しくなるであろう。

 

例えば、歯を磨くように。

 

「案外使いこなすのが難しい。」という

文法項目が、この本のシリーズにある。

 

例えば、不定詞の否定形である。

 

1)私たちはあなたをがっかりさせないことを約束します。

スポンサーリンク

2)彼に裏口を使わないように言っていただけますか。

 

どういう英文にすればよいであろうか?

 

この本では、英文、日本語訳、解説という

順番になっている。

 

正解は、

1) We promise not to let you down.

2) Could you ask him not to use the back door?

である。

 

文法事項を整理しつつ、その例文も暗記できる。

 

一石二鳥の本である。

 

↑ Amazonへ。

 

必ずものになる話すための英文法 Step 5 [中級編 I]【電子書籍】[ 市橋敬三 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket