Pocket

ここに気づけば、もうお金には困らない、

種市勝覺さんの本を読んだ。

 

どの点に気がつけば、

お金と上手につき合うことが

できるのか?

 

知りたいと思い、手に取った本である。

 

お金
お金

 

金運を開く大切なもの

金運を開きたいと思ったら、

何よりも一番大切なのは

「意識」なのです。

 

お金に対しての、

  • 考え
  • 思い

が、大事である。

 

動きを変える、5ステップ

お金持ちを目指しても、

お金持ちになれない人。

お金持ちの方向へ

動きを変えれば良い。

 

  1. 貧しいと思う言動を「減らす」。
  2. 「減らす」から、「なくす」にする。
  3. お金持ちの言動を取り入れる。
  4. 3の言動を増やす。
  5. 加速する。

 

「加速する」は、「慣性の法則」が

働くためである。

 

慣性の法則(かんせいのほうそく)

外力が働かなければ、物体は静止または

等速運動を永遠に続けるという法則。

(デジタル大辞泉より)

 

願いを成就する「身・口・意」(しん・く・い)

「身・口・意」の三つが一致したとき、

すべての願いが成就される

 

「金運を上げたい」という

願いがある。

  • 「身」・・・行動
  • 「口」・・・言葉
  • 「意」・・・意識

を、一致させると良い。

 

お金の流れ

お金には、流れがある。

  1. お金が来る。
  2. お金がとどまる。
  3. お金が出ていく。

繰り返す。

 

したがって、「自分のお金」と

いうものは存在しません。

 

お金の流れを止めると・・・。

お金が流れてこなくなる。

(入らなくなる。)

 

お金をたくさん入れるには、

お金をたくさん流せば良い。

 

「喜び」と交換する

お金を流す時に、大切なこと。

「喜び」と一緒に流す。

 

例:

買い物をする時。

「ありがとう。」と言い、

お金と、物を交換する。

 

「ありがとう」こそ

お金の本質です。

 

お金持ちとは・・・

お金持ちとは、どういう人か?

  • 自分

を、喜ばせることができる人。

 

「喜び」=「徳」

 

良い行いをする。

人に喜びを与える。

徳が積まれる。

豊かになる。

 

自分を喜ばせる

自分を喜ばせよう。

お金をかけて、自分が

  • 楽しむ。
  • 喜ぶ。

自分をメンテナンスする。

スポンサーリンク

次の「喜び」が生まれる。

 

「喜び」が財源になる

自分が喜んで、提供すること。

金運を開くことができる。

 

理想は「自分が好きなことを

仕事にする」です。

 

  • 初心者
  • 技能、技術がない。

と、思う人。

技能、技術を練習してみよう。

3年間、練習すれば

形になる。

頼ること

人を頼ることで、

財源を生む。

 

  • 「あなたがそばにいて、嬉しい。」
  • 「私を頼ってくれて、嬉しい。」

と、言われること。

人に「喜び」を与えている。

 

直接、お金が生まれなくても、

  • 豊かさ

が、生まれる「生き方」になる。

 

「喜び」を与える人に

何か起こった時。

その人を「助けたい」と思う人が

現れる。

 

  • 喜び
  • 感謝

は、見えない。

見えなくても、少しずつ

積み重なる。

物質として、形になる。

 

人を喜ばせるために、もっと

人を頼る生き方をしていいのです。

 

「おわりに」から

「おわりに」では、

種市勝覺さん自身のことが

書かれている。

 

人生でどん底の時に、

松永修岳さんに出会う。

  • 目に見えない法則
  • 運の流れ

を知り、運命が変わる。

 

今は、愛に恵まれた

幸せな生活を手に入れている。

 

豊かな人とは

「貧しい」と思うことを

やめる。

お金の量にかかわらず、

楽しむ。

それが豊かな人の生き方です。

 

目の前のことに、向き合い、

あきらめないで、豊かな道を

見つける。

幸せになることができる。

 

↑ Amazonへ。

 

ここに気づけば、もうお金には困らない【電子書籍】[ 種市勝覺 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

ここに気づけば、もうお金に困らない

↑ BookLive!へ。

 

↑ iBooksへ。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket