Pocket

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法、

さとうめぐみさんの本を読んだ。

 

さとうめぐみさん独自の、手帳術、

手帳セラピーを知る。

 

手帳で本当の気持ちに気付こう

 

「?」を書く

手帳に、予定をできるだけ

書いてみる。

 

気持ちの中の、予定も書こう。

 

例:

ヨガに行くことができそうな

気がする。

ヨガ?

 

本を読みたいと、思っている。

本?

 

「?」をつける。

できたらいいけれど、

できるかどうか、わからない。

できるように、行動しようかな?

したいことに、「?」をつけて、

ポジティブな気持ちになる。

 

そこには「頑張り」も「努力」も

全く必要ありません。

 

手帳に書き、「今」に集中する

手帳に、書かない場合、

頭の中は、予定のことで

いっぱい。

頭が重くなり、

  • 考えられない
  • 動くことができない

状態になる。

 

手帳
手帳

 

全ての予定を、手帳に書く。

全ては、手帳が覚えている。

 

私たちは、目の前のこと、

「今」に集中することができる。

 

緑色のペンを使う

手帳を開いて、書いてある出来事。

ワクワクすることを

緑色のペンで囲む。

 

囲むことができない

ものが出てくる。

あのときは、違うことが

したかったと、気がつく。

 

現実に起きたことと

気持ちの違いに

気がつくこと。

自分らしさがわかる。

 

緑色は、ワクワクする色

緑色は、胸のチャクラの色だと

されています。

 

胸 = ハート

 

  • 調和
  • バランス

の色である。

 

カラーセラピーの、オーラソーマで、

「自分の面を見ることができる色」と

される。

 

緑色のペンで、ワクワクを書くと、

  • 気持ち
  • 身体

が、一体になる。

スポンサーリンク

 

夢を書く

手帳の、最後の方にある

白紙のページに、夢を書く。

 

夢を描いても、不安が出るかもしれない。

「1行だけ、書いてみよう。」と、

軽い気持ちになろう。

 

緑色のペンで、書く。

「書く」という行動が、

すでに、夢への1歩になる。

 

文字にすること

夢を書いた、リストを見る。

自分の考え、思いを

新たに発見することもある。

 

文字にすること。

自分の心の中を見えるように

するためにも、とても大切な作業です。

夢が、見えるようになる。

 

例:

広い家に引っ越したい。

と、書く。

書くと、

  • イメージ
  • 予算

など、具体的なことが浮かぶ。

浮かんだことも、書いていくと

行動に、つながっていく。

 

1行書くことで、ストーリーが

生まれ、夢への不安がなくなる。

 

↑ Amazonへ。

 

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法【電子書籍】[ さとうめぐみ ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法

↑ BookLive!へ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket