Pocket

とびっきりのお金の話を

これからしましょう。

ラッセル・コンウェルさんの本を

読んだ。

 

ラッセル・コンウェルさんは、

29歳で、奥さんを亡くした。

ますます、キリスト教を

信仰するようになった。

牧師になる。

 

1891年には「グレート・

パブテスト・テンプル」に

選ばれています。

 

  • 大学
  • 病院

を作り、資金集めのため

講演をする。

語り継がれた内容が、

この本になった。

 

牧師さん
牧師さん

 

ビジネスの原則

ラッセル・コンウェルさんは、

子どもの頃、実家の雑貨店を

手伝う。

 

父親が出かけて、一人で

店番をしていた時。

 

1人目のお客さん。

「ジャックナイフはあるか?」

と聞いてきた。

 

ラッセル・コンウェルさん。

「ない。」と答えて、

奥へ下がる。

 

2人目のお客さん。

「ジャック・ナイフはある?」

と聞いてきた。

 

ラッセル・コンウェルさん。

また、「ない。」と

答えて、奥へ下がった。

 

3人目のお客さん。

「ジャック・ナイフは売ってる?」

と聞く。

 

また、「ない。」と答えた。

何も、気がついていなかった

あの頃。

 

キリスト教精神で、仕事をしていれば、

3人目には、ジャック・ナイフを

用意することができた。

 

「人の役に立つことをする、

そしてそれが報われる」。

 

  • 自分の利益
  • 他人の利益

認める。

分かち合う精神を持つ。

満ち足りる人生になる。

これこそが富を築くための王道です。

 

資金がなくても、成功する

スチュアートさん。

針、糸、ボタンを売る

商売を始める。

商品が全部、売れ残り、

損した。

 

「皆が、欲しいものを調べてから、

仕入れよう。」

徹底的に、調べた。

スポンサーリンク

欲しがっている物がわかり、

仕入れて、売る。

億万長者になった。

 

偉大な発明家とは

偉大な発明家とは、

どんな人か?

  • 平凡
  • 正直
  • 良識がある。
  • 必要な物を見抜く。

提供する人である。

 

ある女性の話

はずしにくい襟のボタンに、

うんざりした、ある女性。

 

「使いやすいボタンを、作ってみせる。」

と、決意。

 

  • ホック
  • スナップ

を、作った。

 

富

 

ある男性の話

大きな帽子をかぶっている

女性の、「ピン止め」を見る。

 

もっとステキなピン止めを

私は、作ることができる。

実際に、出来上がる。

工場で、大量に、

作られるようになった。

特許料で、お金持ちになった。

 

「富はあなたのすぐ目の前にあります。

近すぎて見過ごしているだけです」

 

↑ Amazonへ。

 

とびっきりのお金の話をこれからしましょう。【電子書籍】[ ラッセル・コンウェル ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

とびっきりのお金の話をこれからしましょう。

↑ BookLiveへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket