Pocket

なぜ、いいことを考えると

「いいことが起こる」のか、

和田秀樹さんの本を読んだ。

 

和田秀樹さんは、精神科医である。

 

「いいこと」を考えるクセをつけようと

いうのが本書の趣旨です。

 

悪いことに目を向けると・・・。

自分について、考える時、

いいことより、悪いことに

目を向ける、傾向がある。

 

それでは、もったいない。

 

何か物事に、仕事に取り組む時。

「あぁ、またうまくいかないだろう。」

 

悪く考えながら、取り組むと、

消極的になる。

良い結果になりにくい。

 

「やっぱりダメだった」と

考えて、悲観の悪循環に

入り込んでいきます。

 

いいところに、注目する人

自分の長所、いいところに

気がついている人。

自分には、可能性があると

考える。

いいことを、考えるようになる。

 

明るい人生になる。

 

明るい人生
明るい人生

 

自己評価が高い人である。

 

自分を高く評価できる人は、

行動を、積極的に起こす。

 

和田秀樹さんは、現代こそ、

「いいこと」を考えるクセを

つけることが、大事と言う。

 

サラリーマン、年収300万円の時代と

言われたりする。

 

そこで、納得せず、「いいこと」を

考え続ける。

 

今までの人生で、成功例が

少ない人は、「いいこと」を

考えにくいかもしれない。

 

しかし、「いいこと」を考える。

 

ある日・・・。

「いいこと」が起こり始め、

幸せに、気がつく。

 

「いいこと」が起こると

信じてください。

 

いいことを考える女性は、美人

恋をすると、綺麗になるという。

 

恋をすると、「いいこと」を

考えるからである。

心が満たされる。

ゆとりが出る。

綺麗に、美人になる。

 

美人になる
美人になる

 

「いいこと」を考えているから、

妬み、不満などの、いやな感情が

なくなる。

 

「いいこと」を考えて、感情が

安定している。

良い表情が、できる。

 

いいことを、考え尽くしてみる

自分にとって、「いいこと」を、

考え尽くしてみるのもよい。

 

  • 食べたいもの
  • やってみたいこと
  • 欲しいもの
  • 会いたい人
  • 行きたい場所

 

空想してみる。

  • ハワイで、一週間過ごす。
  • クルージングを楽しむ。
  • ダイビングをする。

 

空想を広げるために

パンフレット、本などを

手元に置く。

 

1日の終わりや、週末に

空想を楽しむ。

 

イヤなことを、忘れることができる。

 

眠るまでの、30分間、

「いいこと」を考える。

ストレス解消になる。

スポンサーリンク

 

若々しい人は、いいことを考えている

「いいこと」を考える人。

 

人と会う時、楽しもうと考えている。

お気に入りの店のこと、

美味しい料理のこと。

 

「いいこと」で頭の中が、いっぱいになる。

 

人と会い、他愛ない話でも、

朗らかになり、楽しい時を過ごす。

 

楽しい時を過ごせば、別れた後も

気持ちの高ぶりは、残る。

 

気分がリフレッシュされる。

若返る。

 

いいことは、脳を刺激する

「いいこと」を考えると、

脳の、前頭葉を刺激する。

 

前頭葉
前頭葉

 

前頭葉とは・・・。

人間の脳だけ、特別に

発達している。

 

前頭葉で、夢、希望を、考えている。

 

「いいこと」、夢、希望などを

創造する。

前頭葉が、刺激を受ける。

前頭葉が、衰えることを防ぐ。

 

前頭葉が縮むと、意欲、気力ともに

なくなってしまう。

 

「いいこと」を考えることは、

脳にとっても、良いことである。

 

「いいこと」を考えている人の例

和田秀樹さんの、弟さんの話。

 

弟さんは、中学、高校とも

勉強ができなかった。

 

大学は・・・。

現役で、東大文Iに合格。

東大在学中に、司法試験も合格。

 

東京大学 赤門
東京大学 赤門

 

合格したのは、なぜか?

1つは、和田秀樹さんが

教えた勉強法を、実践した。

 

2つ目は、周りから、頭が

よくないと、言われても、

弟さんは、気にしていなかった。

 

弟さんは、

「俺は勉強はできる。テクニックを

覚えれば、すぐ兄貴に追いつく。」

と信じていた。

 

本当にそのとおりになった。

 

あなたが「いいこと」を考え続ける限り、

いまより確実に「いいこと」が

起こります。

 

↑ Amazonへ。

 

なぜ、いいことを考えると「いいことが起こる」のか【電子書籍】[ 和田秀樹 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket