Pocket

なんか知らんけど人生がうまくいく話、

心屋仁之助さんの、著書を読んだ。

 

人生がうまくいかない。

そんな時は、「真逆」のことをする。

 

信じられないかもしれないが、

今までが、うまくいかなかったのだから、

逆を、生きていこうというお話である。

 

ゆるやかで素敵で楽しい世界。

 

自分を、許してみる

相手に、気に触ることをされる。

 

  • 許せない。
  • イライラする。
  • 気に入らない。

 

こんな気持ちになることが

あるかもしれない。

 

相手のことを、許すことができない。

 

許すことができない気持ち。

手放してみると、楽になる。

 

許すことができない時。

相手が、主語になっている。

 

「あいつが私にこういうことを言った、

こういうひどいことをした、

あれをしてくれなかった」

 

相手という主語をやめて、

自分は、どう思ったのか。

 

相手に何か気に入らないことを、

された時。

何もできなかった自分。

相手のことを、わかってあげなかった自分。

気の小さい自分。

 

自分を許していないから、

相手に対して、いつまでも

気持ちを、引きずってしまう。

 

自分を許す。

 

人生が「パッカーン」と

開けていきますよ。

 

人生がパッカーンと開く
人生がパッカーンと開く

 

相手を許して、「もういい。」と思う

許すこと、なかなかできないかもしれない。

 

「許せない」の裏には、

「許したい」がある。

 

相手のことを、いつまでも、許せないと

思って、そのこと、その人ばかり、

見張っていると、疲れる。

 

自分を傷つけた相手が

謝らない。

許せない。

 

許せないをやめて、「もういい。」と思う。

 

損した気持ちになるかもしれない。

損してもいい、その覚悟が

「許す」である。

 

ほっておくのも、愛

心屋仁之助さんの話。

夫婦ゲンカをした時。

心屋仁之助さんが、勝手に怒っている。

 

奥様は、どうするか。

ほっておく。

心屋仁之助さんを、怒ったままに

しておく。

 

奥様が言うには、

どうしたらよいか、わからないから

ほっておくらしい。

 

心屋仁之助さんは、怒って、

怒って、出し尽くした怒りは

スポンサーリンク

消える。

 

がまんしないで、感情を表す。

怒り、悲しみなどの、マイナスである

感情を、受け止めて、表せばよい。

 

「ちゃんと感じる権利を使おう」

 

愛

 

笑おう

悩んでいる時。

目の前の人に、笑われたら

イライラしたりする。

 

自分はこんなに悩んでいるのに、

なぜ、笑うことができるのか?

 

悩んでいる自分を、解放しよう。

悩みの中にいたら、前に進むことは

できない。

 

「先にまず、笑う」こと。

 

悩みは、ボタンのかけ違いのようなもの。

このボタンを、クマさんに変えよう。

 

「なんだ、こんなことで、悩んでいたんだ!」

と、気がついて、笑う。

 

自分自身を、上から見てみる。

 

「まず笑う」

「悩んでいる自分を笑う」

「真剣になって、視野が狭くなっている

自分を笑う」

 

笑う
笑う

 

↑ Amazonへ。

 

心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話「あの人」「あのこと」ーー考えすぎないでいこう【電子書籍】[ 心屋仁之助 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

なんか知らんけど人生がうまくいく話

↑ BookLive!へ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket