Pocket

みよこ先生の「手から金粉でちゃいました」、

みよこ先生の本を読んだ。

 

金粉
金粉

 

みよこ先生のことは、時々テレビで

拝見していて知っていた。

 

フジテレビのお昼の番組「ごきげんよう」に昨年、

1週間に1度、出演していた。

(2016年3月、番組終了。)

 

また、お悩み相談の解決をする番組に出て

人生の悩みを聞いていた。

 

この本は、みよこ先生の、

現在までの人生を書いている。

 

私は、勝手に、

「順調に人生を歩んでこられたのでは。」と

想像していた。

 

先生の笑顔は、まさに福を呼ぶのに

ふさわしいからだ。

 

しかし、山あり、谷ありで、

波乱があった。

 

神様のご加護が、人よりあったところは、

一般の人とは違っていた。

 

一番印象に残った言葉がある。

人間の本当の貧しさってお金があるとか

ないとかじゃなくて、心の貧しさだと

思うの。

 

極貧生活を体験されたのに、

この言葉を言うのは、どうしてだろうと思った。

 

この後に続く文章で、はっきりわかった。

 

人から愛をたくさん受けている人は、

心が満たされているから、

スポンサーリンク

愛を他人にも与えることができる。

 

心が貧しいと、人を恨んだり妬んだりする。

心の余裕があれば、人に優しくなれる。

 

最後に、プラス思考が良いということを

書いている。

 

どちらに進むか迷った時、

プラス思考があれば、良い道を進めると。

 

みよこ先生は、進む方向に迷われた方を、

太陽のように照らして、進む道を手助けできれば

いいと願っている。

 

みよこ先生の笑顔は、太陽のようである。

 

↑ Amazonへ。

 

みよこ先生の「手から金粉出ちゃいました」【電子書籍】[ みよこ ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket