Pocket

みんなが味方になるすごい秘密、

小林正観さんの本を読んだ。

 

味方
味方

 

小林正観さんの講演会DVD、

「空海と龍馬の生き方」が

元になっている本である。

 

講演会には、行ったことはない。

 

読んでいると、講演会に

行ったような気分になった。

 

家族、結婚とは

小林正観さんがとらえている

「家族」とは・・・。

 

他人にも言わない「わがまま」を

家族に対しても言わない。

「家族」とは、訓練の場所である。

 

例:

「ある言葉」を他人に言われた。

  • いらつかない。
  • 腹が立たない。
  • 怒らない。

 

「ある言葉」を家族に言われた。

  • いらつく。
  • 腹が立つ。
  • 怒る。

 

こういう人が、割といると言う。

 

ある人には、感情をおさえているのに、

ある人には、感情をおさえない。

甘えている。

幼児性といいます。

 

結婚とは・・・。

幼児性の克服のための

訓練の場なのです。

 

わがままを言うことができる

関係性はある。

あえて、言わないことで、

大人になる。

 

おだやかな家庭生活を過ごすには

家族という存在、家庭が

訓練の場として見ると、

親子関係が見える。

 

結婚する。

1人から2人になる。

子供ができる。

もう1人増える。

 

自分1人の時と比べると・・・。

自分の思いどおりに

ならないことが出てくる。

自分の感情が乱れる。

どんなことがあってもいら立たないと

いう訓練の場

であるのが、家庭である。

 

このことに、気がつけば

おだやかな家庭生活を

過ごすことができる。

 

この宇宙にストレスはない

ストレスは、自分が感じるもの。

 

この宇宙に、ストレスは

存在しない。

スポンサーリンク

 

ストレスを感じないために

ストレスを感じないためには、

ストレスの許容量を高める。

 

ストレスを与える人「ストレッサー」が

来て、ストレスを「5」与えた。

ストレスの許容量が「10」あれば

ストレスを感じない。

 

ストレスの許容量が「3」あれば

「5」は、ストレスになる。

 

日頃から、ストレスに対する

許容量を高める、訓練をする。

24時間365日、訓練の場である。

 

ニコニコと、対応できるように、

自分の許容量を「1000」くらいに

高めるようにする。

 

感謝する

「日々、無料で、いろいろ学ぶ

訓練をすることができる。」と

思うと・・・。

何に対しても、感謝することが

できる。

 

ものすごいストレスが来た時

ものすごいストレスを与える

ストレッサーが来る時がある。

 

守護霊様が、許容量を高めようとして

与えている。

そのうちに、乗り越える。

「おかげで、乗り越えることが

できました。」と言うことが

できるようになる。

 


小林正観さんの考え方を

わかり、実践すると、ラクだと、

感じる日々である。

 

↑ Amazonへ。

 

みんなが味方になる すごい秘密【電子書籍】[ 小林 正観 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

みんなが味方になるすごい秘密

↑ Yahoo!ショッピングへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket