Pocket

やりたいことを全部やる人生、

長谷川朋美さんの本を読んだ。

 

やりたいことをしたい。

でも、わからない。

 

夢を叶えたいが、叶えられない。

 

今の自分を変えたい。

 

こんな思いを持っている人にとって、

参考になる本である。

 

doing と being

モノや状態 (doing) ではなく、自分が

欲しい感情や誰かに与えたい感情 (being) を

考えることが、夢の実現とモチベーションに

大きくかかわってくるのです。

 

なりたいと思う夢がある。

doing

 

自分がワクワクする。

being

 

doing だけでは、自分が目指すことに

到達することは、難しい。

 

being を知る方法

being を知ると、doing に

到達しやすい。

 

being を知る方法は、

自分に「なぜ?」と質問すること。

 

これが好き。

「なぜ?」

 

今、これを選ぶ。

「なぜ?」

 

質問と、答えをノートに書いてみる。

  • 考え方
  • 傾向
  • 価値感

を、知ることができる。

 

目標だけを書かない

長谷川朋美さんは、最近まで、

年の初めに、目標を書いていた。

 

1年を振り返ると、半分も

目標を達成することが、できなかった。

 

新年の目標を、書くことをやめた。

 

「価値観の明確化」

を書くようになると、全て、

達成できるようになった。

 

「価値観の明確化」とは、

こうしていたいと思う自分

( being ) を書くこと。

 

理想とする自分

  • 感情
  • 状態

を書く。

 

理想の自分を描く
理想の自分を描く

 

目標は、doing ばかりを

書く場合がある。

「しなければいけない。」と

自分を追い詰めてしまう。

 

目標があり、その時、自分は

どういう気持ちでいたいか?

 

なにをするにもすべて、

「ワクワクを基準にしてください」

 

目標を達成する方法

長谷川朋美さんが、行っている

目標を達成する方法。

自分自身を、コーチする。

 

1)目標をはっきりさせる。

目標を細かく見て、自分の

感情を知る。

 

例:家を買う。

「なぜ、家が欲しいか?」

家族を笑顔にしたいから。

 

目標を達成するには

スポンサーリンク

どのようにすればよいか

細かく見る。

家を買うには、

健康でいること。

仕事を多く、入れすぎない。

 

小さな目標ができる。

 

2)今を知る。

今の自分を知ることで、

目標にたどり着くための

最適な時間、道を知る。

 

3)目標と今の、差を知る。

差を分析することで、

目標を変えることもできる。

 

目標が大きいのであれば、

小さい目標にして、達成する。

小さい目標を、重ねていき、

大きな目標に、たどり着く。

 

4)行動する計画をたてる。

2)、3)、で自分と向き合い、

やる気を、高めることができる。

 

目標

↓ 2)、3)をしない。

すぐ行動

やらない言い訳をしたり、

やる気が下がる。

 

5)調整する。

1)から4)までを行い、

自分自身、どう感じたか

自分に問いかける。

 

次の目標を決める。

 

1)から5)を

毎週、1時間、行う。

 

これができたら、自分が自分のコーチに

なることができます。

 

輝く
輝く

 

長谷川朋美さんは、結婚して

2年目で、最愛の夫を、事故で

失った。

 

落ち込むことがあっても、

「彼にとって、自慢の私でいる。」と

決めた。

 

彼にとって、輝く自分とは?

自分にいつも、問いかけて

生きている。

 

↑ Amazonへ。

 

やりたいことを全部やる人生仕事ができる美人の43の秘密【電子書籍】[ 長谷川朋美 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket