Pocket

アーモンドミルクを初めて知った。

 

アーモンドミルクとは?

アーモンドミルクは、アーモンドで

できている。

牛乳ではない。

 

ミルクという名が、ついているので

牛乳が入っていると思った。

 

アンチエイジングの飲み物として、

人気がある。

 

アーモンドミルクの作り方

アーモンドを水につけて、柔らかくする。

砕いてこして、水を加えて

できあがりである。

(音声あり。)

 

アーモンドとは?

アーモンドには、

水に溶けにくい食物繊維

含まれている。

 

そのため、アーモンドミルクにして

飲んでも、元の栄養を損なわない。

 

水に溶けにくい食物繊維は、

腸の運動を活発にする。

そのため、お通じが良くなる。

 

体から毒素を出すことで、

肌がきれいになる。

見た目がきれいだと、若く見える。

 

また、アーモンドには、ビタミンB2

含まれている。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の働きを

助ける。

 

そして、ビタミンEが豊富である。

抗酸化作用がある。

細胞膜の酸化、動脈硬化を防ぐ

働きがある。

 

オレイン酸が、豊富なため、

体内の活性酸素と、くっつき

過酸化脂質を作らなくなる。

 

過酸化脂質は、発ガン物質の

ひとつとされている。

 

ミネラルは、健康に欠かせない。

アーモンドは豊富に含まれている。

スポンサーリンク

 

  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • カルシウム

 

アーモンドを食べる量

1日にどのくらい、アーモンドを

食べればよいのか。

20粒くらいと言われている。

 

ローストしたアーモンドが

お店で売っている。

これを1日20粒食べるとなると

辛く感じるかもしれない。

 

その点、アーモンドミルクにすれば

1度に摂取することも可能だ。

 

カロリーが気になる方も

いるであろう。

10粒で60キロカロリーである。

 

アーモンドに対する注意

食べ過ぎは太るらしい。

適量を食べる分には問題ない。

 

薬を服用している方は

注意が必要である。

 

アーモンドに含まれるマンガン

薬の作用に影響を与える。

 

アレルギー体質の方も、

注意が必要である。

 

ナッツアレルギーや、

アーモンドアレルギーといった

アレルギーが存在する。

 

どの食べ物でも、体質に合う合わないと

いったものがある。

アーモンド

アーモンドミルクの違った

楽しみ方もある。

 

紅茶やコーヒーにいれてみたり、

果物とシェイクして

楽しむこともできる。

 

↑ Amazonへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket