Pocket

レンコンが、体に良い。

 

切った時に、ネバっと、

ぬるぬるするものが、栄養であり、

健康効果がある。

 

レンコンの健康効果とは?

レンコンに含まれている

いろいろな栄養が、健康に良い。

 

レンコン
レンコン

 

ムチン

1)胃、腸の粘膜を、保護する。

ムチンは、胃、腸を健康にする。

レンコンのネバネバは、ムチンである。

 

胃、腸の粘膜は、良くない菌から

守る作用がある。

 

ムチンを摂取することで、

粘膜層を強化し、良くない菌を包み込む。

体内に、菌が入るのを防ぐ働きをする。

 

2)消化や、吸収を助ける。

ムチンは、人間にとって必要な、

タンパク質、脂肪の、消化、吸収を

助ける。

 

タンニン

レンコンを、そのままにしておくと、

切り口が、黒くなってくる。

タンニンによって、色が変わる。

 

タンニンには、炎症を抑える働きがある。

 

胃炎、胃潰瘍の予防になる。

 

胃

 

食物繊維

1)お通じを良くする働きがある。

レンコンを食べる。

食物繊維が、腸の中で、水分を

吸収して膨らむ。

腸管(大腸、小腸)を、刺激する。

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が

高まる。

お通じが良くなる。

 

2)コレステロール値を下げる。

食物繊維は、血液中の、

コレステロール値が下げる

働きをする。

 

生活習慣病である、

  • 動脈硬化
  • 高血圧

を、予防することができる。

 

ビタミンC

レンコンに含まれている

ビタミンCは、でんぷんで

守られている。

加熱しても、ビタミンCは

こわれにくい。

 

ビタミンCの働き

  • 風邪を予防する。
  • 皮膚の老化を防ぐ。
  • 免疫力が高まる。

 

ストレスを受けると、体内のビタミンCは

たくさん使われる。

 

レンコンを食べることにより、

体の中の、ビタミンC不足を

防ぐことができる。

 

おいしいレンコンの選び方

おいしいレンコンを選ぶには?

スポンサーリンク

 

  • 形が、ふっくらして、丸みがある。
  • 重みがある。
  • 表面が、でこぼこしていない。
  • 皮に、ツヤがある。
  • 穴は、小さい。
  • 実は、肉厚である。
  • 色は、切り口、穴が黒くなっていない。

 

レンコン
レンコン

 

レンコンの保存方法

  • 切ったレンコン

ラップで包む。

切り口を特に、きっちり包む。

冷蔵庫の野菜室に入れる。

 

  • 節がついているレンコン

新聞紙を、軽く濡らして、

レンコンを包む。

ポリ袋に入れて、冷蔵庫へ。

 

泥がついている場合は、

洗ってあるレンコンより、

長持ちする。

 

泥がついたまま、同じように保存する。

 

  • ゆでたレンコン

レンコンの皮をむく。

酢の水でゆでる。

できあがったら、水に入れて冷ます。

冷めたら、水をしっかり切る。

 

ラップに包んで、冷凍庫へ入れる。

解凍する時は、自然解凍が良い。

生の保存より、味が落ちるので、注意。

 

↑ 楽天市場へ。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket