Pocket

世界で活躍する脳科学者が教える!

世界で通用する人がいつもやっていること、

中野信子さんの本を読んだ。

 

「世界で通用する人」に

誰でもなれる!

 

世界へ
世界へ

 

決まった儀式

  • 勉強
  • 仕事

に取りかかろうとする。

調子が出てこない時は

どうするか?

儀式を始めよう。

 

この儀式というのは、

「やりたくないな・・・・・・」という気持ちを

心から追い払うための工夫なのです。

 

中野信子さんの儀式

  • コーヒーを、サイフォンで入れる。
  • 濃い紅茶を入れる。

 

少し手間をかける。

気持ちが、リフレッシュする。

心を整えることができる。

脳のスイッチが、オンになる。

 

どうしても、調子が出ない時

5分間、勉強、仕事をしてみる。

脳が、やる気になる。

そのまま、勉強、仕事を

続けることができる。

 

疲れがたまっている時

疲れがたまっていると、

勉強、仕事をする状況ではない。

思い切って、休んでみる。

 

やらないことを決める

目標を達成するためにすること。

いつまでに、達成するかという

期限を決める。

 

同時に、「やらないこと」も

決める。

 

例:TOEIC800点を取る目標

やること

  • 期限を決める。
  • 教材をそろえる。

 

やめること

  • 新しい教材を、次々と買う。

買い続けて、置いておくだけで

満足するため。

 

  • 勉強する仲間を増やす。

仲間を増やして、やる気を出す。

TOEICで、満点を取った仲間を作り、

自分も、満点を取った気になる。

 

勉強方法を学び、実際に勉強をすれば、

身につく。

スポンサーリンク

 

できるだけ「やること」の数を

減らすべきです。

 

やることだけが、多くなる。

目標に達する前に、挫折することがある。

 

  • やることリスト
  • やらないことリスト

を作ることも良い。

 

いつも夢のことを考える

流れ星が流れる。(時間は約2秒。)

願い事を言うことが、できるか?

 

流れ星
流れ星

 

できるならば、いつも、願っている。

自分が見ている方向は、夢へ向かっている。

 

考えていると、知恵がわく

中野信子さんが、東大を受験した時。

 

昼休み中、全国の模擬試験の

問題を、見ていた。

 

昼休み後の試験。

見ていた問題と、同じような

問題が出た。

 

人間は、本当に自分がやりたいことなら、

自然にそれを達成してしまうものなのです。

 

↑ Amazonへ。

 

世界で通用する人がいつもやっていること世界で活躍する脳科学者が教える!【電子書籍】[ 中野信子 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket