Pocket

人生の流れが美しくなる禅、

「お金」の作法、枡野俊明さんの本を

読んだ。

 

お金というものを通して、

自分自身の生き方を見直す

一冊になれば幸いです。

 

お金の巡り=縁の巡り

将来に備えて、1,000万円を貯めよう。

こつこつ貯める。

1,000万円貯まった。

足りない気がする。

2,000万円貯めよう。

 

人の欲から、足りないという気持ちが

起きる。

 

お金を貯めることばかりに、

気持ちが傾く。

 

将来に備えて、100%満足のいく

貯金をすることは、難しい。

 

未来に何が起こるかは、誰にもわからない。

 

蓄えることばかりにとらわれずに、

巡らせていくことも心がけることです。

 

無駄遣いをするということではない。

 

無理をして、お金を巡らせると

いうことでもない。

 

誰かのために使うという

心を忘れないことだと思います。

 

お金を巡らせる。= 縁を巡らせる。

 

自分のところに、お金を留めておく

縁は生まれない。

 

この世の中、縁があれば、

お金が、自然と巡るように

なっている。

 

巡らせる
巡らせる

 

人とのつながりが、幸せを生む

周りの人が、損をする。

自分だけが、得をする。

「一人勝ち」という状況は、

幸せを生まない。

 

仏教の世界では「一人勝ち」と

いう考え方はありません。

 

自分一人だけの幸せは、

ありえない。

 

幸せとは、お互いのつながりの

なかから生まれてくるものです。

 

家族で、誰か、一人でも

幸せな状況でなかったら・・・。

幸せを感じることはできない。

 

幸せを願う
幸せを願う

 

おいしい料理を食べたら・・・。

家族にも、食べてもらいたいと

思う。

 

人は、一人では生きていくことが

出来ないと言う意味。

誰かとの、つながりの中で、

人は生きているということ。

 

自分だけの幸福を願うのではなく、

スポンサーリンク

誰かの幸福を祈りながら生きている。

 

たとえ、一人で生活していても、

遠く離れた、誰かの幸せを願う。

心のつながりを、感じる。

人は、生きていくことができる。

 

優先順位を決めて、お金を使う

生きていく中で、やるべきことの

優先順位がある。

 

今は、仕事が一番、大事な人は、

仕事に関することに、お金を使うと良い。

 

  • 情報を得るための勉強会
  • 仕事に関する本の購入
  • 知識を広げるための旅行

など。

 

もったいないなどと考えないで、

それに投資を惜しまないことです。

 

避けること

優先するべきことを、決めず、

一番はあれ、二番はあれ、と

欲張ること。

中途半端になる。

満足いかない状況になる。

 

優先順位を曖昧にして、

欲張ることは、避けたほうが良い。

 

優先順位を決めよう
優先順位を決めよう

 

無常であると知る

無常とは・・・。

この世の中の一切のものは常に

生滅流転(しょうめつるてん)して、

永遠不変のものはないということ。

特に、人生のはかないこと。

また、そのさま。

(デジタル大辞泉より。)

 

世の中は、移り変わっていく。

 

人生の優先順位も、変わっていくのが

当たり前のこと。

 

優先順位が変わっても、悩まなくて良い。

 

変わる自分を認める。

芯は持っておく。

 

今の一番はこれだという信念を

持っておくことです。

その一番を手明かりにして

自分だけの人生を歩んでいくこと。

その歩みこそが自信へとつながって

いくのだと思います。

 

↑ Amazonへ。

 

人生の流れが美しくなる 禅、「お金」の作法【電子書籍】[ 枡野 俊明 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket