Pocket

体に「効くツボ」大地図帖、

佐藤一美さんの本を読んだ。

 

サブタイトルは、

「痛みをとる、病気にならない」である。

 

ツボ
ツボ

 

ツボを刺激することにより、

不調を改善していく。

 

佐藤一美さんは、

あん摩マッサージ師、鍼灸師、

日本指圧協会副理事長、

東京都指圧師会会長である。

 

専門家が書いた本なので、

信頼できる。

 

便利なツボ10

覚えておくと便利なツボ10を

紹介している。

曲池、合谷、百会、湧泉、中脘、

血海、肩井、足の三里、手の三里、大椎

 

身体の症状別に効くツボも

紹介されている。

 

実践してみたツボを2つ

  1. 腰の痛み
  2. 腹の痛み

があった時に、実践したツボである。

1)腰の痛み② 中封(ちゅうほう)

腰の痛みは①から③まで

紹介されている。

 

以前、急にギクッとして、

ものすごい痛みが腰にきた。

 

立てない、歩けない、

トイレで座るのも苦痛であった。

 

なんとかこの本をとり、横向きに寝ながら、

中封を押した。足首にあるツボである。

 

痛みが緩和してきて、やっと立つことができ、

スポンサーリンク

ゆっくり歩けるようになった。

 

ツボの有難さを感じた。

 

2)腹痛 温溜(おんる)

家族のものが急に腹痛になった。

 

軽い感じであったが、食べるのはちょっと

苦痛であるといった具合であった。

 

温溜は気血のめぐりをよくするとあった。

さっそくお灸をしてみた。

 

腕の内側にある。

 

お灸が終わる頃、腹痛が緩和され、

再び食べられるようになった。

 

これからも、どこかに不調があれば試そう。

 

ツボがどこにあるか、身体の部位が

図で示してあり、わかりやすい。

 

文章で位置を書いてあるから、確認できる。

 

病院に行くほどでもなく、

薬にたよるほどでもないという

症状の時に、おすすめ。

 

↑ Amazonへ。

 

体に「効くツボ」大地図帖 [ 佐藤一美(指圧・鍼灸師) ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket