Pocket

図解雑学「下ヨシ子の死後の世界」を

読んだ。

 

私がこの本を購入した理由は、

「死とは何か。」という

子供の頃からの疑問を

解決したかったからである。

 

誰も、死んだ後のことは、

語っていないから、信じていいのか

わからない。

 

私は、この本の内容を、

9割くらい、信じている。

 

自分で自分を裁く

亡くなると、どうなるか?

肉体を捨てて、魂だけになる。

 

自分で、自分に問いかけをする。

生まれたときから、亡くなるまで、

よみがえる。

 

  • 地獄で修行
  • 天界に行く

自分に甘くなるのではないか?

心配はしなくてよい。

 

亡くなると、魂だけになるので、

嘘をつくことができない。

 

自分を正しく、裁くことができる。

裁く
裁く

 

冥土の旅とは

亡くなってから、6時間は、

現世にいる。

 

その後、7日間は、真っ暗な世界にいる。

パニックになる。

 

そこで、遺族など、遺された人で、

故人にパワーを送る。

お線香、お経で、供養をする。

 

暗闇に、光を照らすことができる。

 

49日目。

自問自答しながら、

三途の川に向かう。

 

三途の川を渡ると、

あの世へ行く。

 

三途の川を渡らずに、

現世に戻る魂もいる。

未成仏霊になる。

 

49日の法要を行い、

パワーを魂に送る。

故人の魂は、三途の川を渡り、

あの世へ行く。

 

霊視によるあの世

現世は、今生きている世界である。

 

現世の上に、地獄界がある。

スポンサーリンク

地獄界は、8層に分かれている。

 

あの世の中で、地獄界は、

一番下にある。

 

死後に行く場所は、ほとんどの人が

地獄界である。

 

地獄界の上 → 餓鬼界(がきかい)

餓鬼界の上 → 畜生界(ちくしょうかい)

畜生界の上 → 修羅界(しゅらかい)

修羅界の上 → 人界(じんかい)

 

人界の上 → 天界(てんかい)

人界と天界の間に、

雲のようなものがある。

 

天界の上 → 声聞界(しょうもんかい)

天界と、声聞界の間には、

強化ガラスのように、固い仕切りがある。

 

声聞界の上 → 縁覚界(えんがくかい)

縁覚界の上 → 菩薩界(ぼさつかい)

菩薩界の上 → 仏界(ぶっかい)

 

仏界に行くと、生まれ変わることはない。

 

地獄界から、仏界まで、層状である。

上に行くほど、広い。

 

空と雲
空と雲

 

この本を読むたびに、

今ここでの行いを

きちんとしようと思う。

 

現世での行いが良いと

あの世も素晴らしい。

 

日々の行いを、大事にしよう。

 

↑ Amazonへ。

 

下ヨシ子の死後の世界 [ 下ヨシ子 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket