Pocket

宇宙も神様もぜんぶ味方につける習慣、

小林正観さんの本を読んだ。

 

今まで読んだ、小林正観さんの本と

違う点。

かわいらしい表情の動物たちの

写真が載っていること。

 

小林正観さんの本を読みながら、

写真を見て、笑ったり、癒やされたり、

なごむことができる。

 

山羊のアップ
山羊のアップ

 

ページを開くと、

  • 右のページ:写真と、1〜2行の文。
  • 左のページ:幸せになる文章。

が載っている。

 

64の習慣を知ることができる。

 

正義は1つではない

会社で、ある社員が遅刻をした。

上司は、頭ごなしに怒る。

 

遅刻した理由は、

こうだったかもしれない。

 

一緒に住んでいた、親が倒れて、

病院へ行く。

寝ずに、看病。

ふらふらになりつつ、出社。

 

会社は、絶対に遅刻しては

いけない。

  • 会社の倫理
  • 会社の正義

である。

 

「宇宙的な正義」(人間としての温かさ、

優しさ、など)とは少し違うのかも

しれません。

 

すべての存在に愛を向ける

愛の前段階とは、特定の人を

大切に思う。

愛の深さを知り、自覚する。

すべての存在、

  • 動物
  • 植物
  • 鉱物

宇宙の存在、すべてに愛を向ける。

 

最終的な愛とは、

  • すべての人
  • すべてのもの

に向けること。

 

みんな大事な人!

 

自分を好きになる方法

自分で、自分を好きになるには

どうすればよいのか?

一銭にもならないことをする。

 

「落ちているゴミを拾い、

ゴミ箱に捨てる。」

 

「自分のために、花を買い

飾る。」

 

「出社時間より、30分早く

会社へ行く。」

 

など・・・。

 

  • 一銭にもならない
  • 誰にも評価されない

ことをする。

スポンサーリンク

 

一生懸命にする。

自分自身が、

  • 愛おしい
  • かわいい

と思う。

「自分で自分を好き」に

なっていきます。

 

50対50

人を成長させる、プログラムとして

50対50がある。

 

50%の温かく優しい言葉と、

50%の冷たく厳しい言葉

 

50%は、人数に比例する。

 

時には、99対1になる。

  • 99人が褒める。
  • 1人が批判する。

 

1人は、手厳しく、

99人分のエネルギーを持つ。

エネルギーの量で

50対50のバランスをとる。

 

  • 喜び
  • つらさ

のバランスも、50対50。

 

その両方を体験しながら

成長するようです。

 

かえしの法則

「かえしの法則」とは

  • 感謝
  • 笑顔
  • 賞賛

の3つで、人にエネルギーを

吹き込むものである。

 

感謝

「ありがとう」と感謝される。

元気になる。

 

笑顔

「笑顔」をもらうと、元気が出る。

 

賞賛

「賞賛」、褒められることで、

元気が出る。

 

アヒルと猫
アヒルと猫

 

「かえしの法則」で、

人に温かく接する。

周りに、温かさが満ちてくる。

 

↑ Amazonへ。

 

宇宙も神様もぜんぶ味方につける習慣 [ 小林正観 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket