Pocket

幸せになるための「気づき」の法則、

木村藤子さんの本を読んだ。

 

気づいて直す為には、知識をえることである。

 

木村藤子さんの自筆で、書かれた文である。

 

物事を正しく判断する。

その1点を伝えたくて、

この本を書いたとのこと。

 

人生は修行

人生は、精神、魂を磨くための

修行である。

 

誰もが、この世でどのように

魂を磨くのかを、決めた上で

生まれる。

 

この世での道のりは、「現世ロード」。

 

あの世では、「霊界ロード」へ行き、

現世ロードでの、行いが問われる。

 

次のこの世での生き方が

カルマとして、決められる。

 

カルマとは、前世の行いが

生まれ変わった時に、

引き継がれたもので、業(ごう)

とも呼ばれる。

 

苦しみは、気づきのチャンス

苦しい時、自分の心を見つめる。

 

過去を振り返る。

今の生き方、行動を

見直す。

 

カルマだから、しょうがないと

過ごさないこと。

 

なぜか?

どうしてか?

疑問を持つ。

 

気づくためには、

  • 情報
  • 経験
  • 書物

などの、知識を活用する。

 

少しでも賢く、強くなること、

それが気づきです。

 

知らない自分に気づく

人生を幸せに生きていくための

知識は、膨大にある。

 

  • 体の知識
  • 薬の知識
  • 衣、食、住の知識
  • 家電製品の知識
  • コンピューターの知識
  • 地球環境の知識

など、多方面にわたる。

 

例えば、

有名大学を出ているというだけで、

「俺はなんでも知っている。」と

言うと、嫌われる。

幸せでなくなる。

 

知っているようで、知らないことは多い。

スポンサーリンク

 

そこに、気づく。

知らないことを、知ることが大切。

 

素直に聞く

何でも聞くことができる人は、

素直である。

 

見栄、プライド、世間体などを

気にして、聞くことができない人もいる。

 

  • 自分は偉い。
  • 自分は特別。

と思い込み、人を見下してしまう。

知識が足りない証拠になる。

 

生涯が、学びである。

 

人から学ぶことができる人は、

知識が自分のものとなり、

不足しているものに、気づく。

気づき
気づき

 

今、ここにいる意味、どう生きていくべきか、

人生を明るく幸せに生きていく術がここにある。

 

↑ Amazonへ。

 

幸せになるための「気づき」の法則【電子書籍】[ 木村藤子 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket