Pocket

悟りは3秒あればいい、

小林正観さんの本を読んだ。

 

小林正観さんが言う「悟り」

小林正観さんが言う「悟り」の

意味。

「受け入れること」

 

3秒で悟る方法

過去を受け入れる。

1秒。

 

現在を受け入れる。

1秒。

 

未来を受け入れる。

1秒。

 

合計、3秒で、できる。

 

悟りのあと

悟りのあと。

何が起きようとも

動じない自分になれるのです。

 

徳と得

  • イライラする。
  • 怒りがおさまらない。

解消する方法がある。

「許す」というのがあります。

 

相手を「許す」とどうなるか?

腹が立つ相手を、仮に、「許す」。

相手に対して、攻撃的な行動が、

おだやかになる。

体が、スッキリする。

明るく、前向きになる。

 

  • 憎しみ
  • のろい
  • 恨み

が、なくなる。

 

許す
許す

 

「許す」

得する。

徳を積むことができる。

 

悲惨なこと、不幸なこと

小林正観さんは、言う。

  • 悲惨
  • 不幸

は、世の中にない。

「悲惨」「不幸」と

感じるだけである。

 

あらゆることを、研究した結果。

  • 悲惨なこと
  • 不幸なこと

とは、神様の許可のもとで、

起きていると、思うようになる。

 

物事の評価の意味

物事を、「悲惨」「不幸」と

評価しているのは、私たちである。

物事を、否定している。

心に、

  • 敵意
  • 憎しみ

が、生まれる。

敵意、憎しみを取り去ることができるか

と問うているのではないでしょうか。

 

悪魔の存在

  • 敵意
  • 憎しみ

を、喜ぶ存在がある。

空から見ている、「悪魔」である。

私たちが

  • 仲良し
  • 笑顔
  • 楽しむ

ことを嫌う。

 

神様が喜ぶこと

悲惨、不幸と思うことが

スポンサーリンク

起こる。

自分の中を見つめ直す。

 

神様
神様

 

「人を傷つけない。」と

決意すること。

神様は喜ぶ。

「私のメッセージが理解されて

嬉しい」と神様はニッコリ

ほほえむかもしれません。

 

「無敵」とは

小林正観さんは、「無敵」を

「戦う敵がいない。誰とも戦わない」

と、解釈している。

 

「無敵」の状態でいる。

戦わなくてよい。

  • ストレス
  • つらさ
  • 苦しさ

なしである。

 

「無敵」でいる方法

「無敵」でいる方法。

ボーッとしていればいい。

 

  • 頭悪い。
  • 顔悪い。
  • バカみたい。

と、人から言われる。

「そうよね〜。」と言い、

ボーッとする。

 

「自分という人間を、理解して欲しい。」と

いう思いが、ストレスになる。

ボーッとして、感じないこと。

ラクになる。

 

↑ Amazonへ。

 

悟りは3秒あればいい【電子書籍】[ 小林正観 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

悟りは3秒あればいい

↑ BookLive!へ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

Pocket