Pocket

折れない心!

中村天風さんの本を読んだ。

 

もっと動じない心をつくりたい。

 

そんな願いが芽生えた時に、

この本に出会った。

 

92項目に分かれている。

 

長い文章ではないので、

好きな項目から、読むことができる。

 

心

 

天風さんの哲学の基本

天風さんの哲学の基本が

1ページ、書かれている。

 

体に活力を与えるのは、心。

 

心が、

  • 明るく
  • 朗らか

であること。

体も元気になる。

 

大自然にある生命のエネルギー

心から、体に入る。

 

心の置き所が、身体の命が左右される。

 

実行する

大切なこと。

「実行」すること。

 

  • 自分は不器用だ。
  • 自分は物を覚えにくい。

この考えを捨てよう。

 

とにかく実行。

 

10回でだめなら、100回。

100回でだめなら、1000回。

 

一生懸命にやること。

自分が思っている

  • 理想
  • 考え

に近くなる。

 

成せば為り、

為さねば成らぬものを

成らぬはおのが為さぬためなり

 

笑う

  • 悲しい時
  • 辛い時

意識して、笑おう。

 

悲しみ、辛さは、逃げる。

 

笑顔に、運命の女神は

手を差し出してくれる。

 

心の積極性

先に見えることが「暗い」と

わかっていても・・・。

心は絶対に明るく保とう。

 

ピンチになっても、

自分の心は、積極性を持とう。

 

 

人生とは観念の世界である。

 

言葉を慎重に使う

日頃から、言葉は慎重に

使う方がよい。

 

目的を実現する時

目的を実現する時は、

積極的な言葉を使う。

 

不平不満を言うのは、

控えよう。

 

不平不満

人を苦悩へと導く。

 

具合が良くない時

具合が良くない時。

ありのままに、

  • 具合が良くない。
  • 痛い。

と言うのも、控えよう。

 

ありのままに、言っても

状況は良くならない。

 

言葉を発する。

観念を通す。

言葉通りの影響が出る。

 

  • 否定的
  • 悲観的

なことを言う。

スポンサーリンク

その通りに、自分に影響を与える。

 

言葉には人生を左右する力がある。

 

言ったとしても・・・

不平不満を言った時。

「・・・と昔は言った。」と

取り消す。

積極的なことを言い直せばよい。

 

積極的な心

積極的な心とは、全ての出来事に

  • 張り合う
  • 打ち克つ

ことではない。

 

世の中は、ずっと克ち続けることが

できないものである。

 

一切の対立から離脱した

心の状態こそが積極心なのである。

 

気を込める

物事を行う時。

真剣な気持ちで行う。

 

  • 気が乗らないこと
  • あまり価値がないと思うこと
  • 慣れていること

特に、気を込めて行うようにする。

 

折れない心

  • 病気
  • 災い

などが起きる。

心では相手にしないようにする。

 

  • 勝つ
  • 負ける

とも、思わない。

 

  • 落ち着く
  • 心の平安を保つ。
  • 強さを持つ。

「折れない心」になる。

 

読んだ感想

身体が病気になった時、

心まで、病気にとらわれた。

 

この本が、気づかせてくれた。

 

心を、病気の方へ向けない。

明るくする。

 

元気、勇気が出た。

 

↑ Amazonへ。

 

折れない心!【電子書籍】[ 中村天風 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

折れない心!

↑ BookLive!へ。

 

↑ iBooksへ。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket