Pocket

新版「続ける」技術、

石田淳さんの本を読んだ。

 

物事を始めても、続けることが

できない。

落ち込まなくていい。

 

続かない原因は、あなたの意志や

精神力のせいではないからです。

 

続かない原因

何かを始めて、続かない原因は2つある。

  1. やる方法がわからない。
  2. 続ける方法がわからない。

 

続けるために必要なこと

物事を続けるために、必要なこと。

  • 精神力?
  • 才能?

行動科学では、2つとも、必要ないという。

 

行動に焦点を当てていないから

続かない」

 

できることなのに、できないと思い、

落ち込んでしまう。

せっかく実力があるのに、もったいない!

 

行動パターン:2種類

続けたいと思う行動には、

2種類のパターンがある。

 

  1. 不足行動
  2. 過剰行動

である。

 

不足行動

「増やす」、「始める」と思っても

増やせない行動のこと。

 

例:

  • 毎日3キロ走る。
  • 英語を1時間、勉強する。
  • 週2回は、ジムに行く。

決めたのに、行動できない。

 

  • 時間
  • 回数

が、決めた分に、達していないこと。

不足行動になる。

 

不足行動は、その先の結果が

すぐに見えないので、続かなくなる。

 

過剰行動

「減らす」、「やめる」とする行動を

過剰行動という。

 

例:

  • たばこ
  • ギャンブル

など、自分にとって悪いとわかっても、

やめられない行動。

 

やめることができれば、すぐに

効果が出るものばかり。

でも、やめることができない。

「誘惑」があるためである。

 

条件を変えて、行動する

続けることができるように

なるには、条件を変えて、行動する。

 

不足行動の場合

3つのポイントがある。

 

1)行動できる用意をしておく。

ジョギングを続けたいなら、

ウェアを、そばに置いておく。

 

英語の勉強を続けたいなら、

常に、教科書を持っておく。

など。

 

2)行動したあとの、メリットを見つける。

ジョギングをしたあとに、

スポンサーリンク

そばにいる人に、ほめてもらう。

 

英語を学んだ後に、大好きな物を

食べる。

など。

 

3)ハードルを、高くしない。

ジョギングは、寒くなると

外へ出たくないと思う。

中で、体を温めてから、

外へ出る。

 

英語を勉強する時に、

辞書を、一緒に持っていく。

スマートフォンのアプリなどは

手軽に持てる辞書である。

など。

 

過剰行動の場合

3つのポイントがある。

 

1)行動するためのものを減らす。

たばこを吸うのをやめたいのであれば、

灰皿を捨てる。

 

2)行動した後のメリットを減らす。

禁煙の場合、メリットを減らすことは

難しい事も多い。

行動を変える。

  • あめをなめる。
  • ガムを噛む。

など。

 

3)行動のハードルを高めにする。

禁煙をするために、

  • たばこに関する物は、全部捨てる。
  • 自動販売機、コンビニに、近づかない。

など。

 

「人間行動に着目する」

これだけで、続けることが

できるようになる。

 

続ける
続ける

 

続かなかった人が、続けることが

できるようになった、具体例も載っている。

 

心強い。

 

↑ Amazonへ。

 

新版「続ける」技術【電子書籍】[ 石田淳 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket