Pocket

旅するフランス語、第21回放送、

アルザス紀行2を見た。

 

Riquewihr village, Alsace, France
Riquewihr village, Alsace, France

 

aubergeでpetit déjeuner

オーベルジュ (auberge) で

朝食 (petit déjeuner) をとる

常磐貴子さんと、ドミニク・シャニョンさん。

 

庭で、日差しを浴びながら、

食べる。

 

朝食を運んできた女性。

Vous avez bien dormi?

よく眠れましたか

 

  • 「avoir + 過去分詞」で、「過去」を表す。
  • 「dormi」は、「dormir(眠る)」の過去分詞。
  • 「bien」は、「よく」。

 

宿で、「朝のあいさつ」のように

聞かれることがある。

 

常磐貴子さん。

Oui, très bien, merci.

ええ、とっても

 

他の答え方もある。

Oui, j’ai bien dormi.

ええ よく眠れました

 

朝食

朝食は、

  • パンの盛り合わせ
  • ジャム、はちみつ
  • 自家製シャルキュトリー (charcuterie)

である。

 

シャルキュトリーは、

豚肉料理の冷菜である。

 

アルザス産の食材のみ。

produites de terroir

郷土の食材

 

チーズ (tomme d’Alsace)、

近くの農家が作った、牛のチーズも

出た。

 

教会の鐘が鳴った。

朝食を演出していた。

 

L’avenir appartient à ceux qui

se lèvent tôt.

意味。

早起きは三文の徳

 

宿で

常磐貴子さん、

ドミニク・シャニョンさんは、

宿に戻る。

 

宿のエドワールさん。

Qu’est-ce que vous allez faire

aujourd’hui?

今日は何をする予定ですか

 

  • 「Qu’est-ce que」は、「何を」の意味。
  • その後に「主語+aller+動詞の原形」

  • 「これからの予定を聞く表現」になる。

 

  • 「aujourd’hui」は「今日」の意味。

 

「faire」の代わりに、「manger(食べる)」にする。

Qu’est-ce que vous allez manger?

何を食べる予定ですか

 

常磐貴子さんは、特に予定が

決まっていなかった。

Aucune idée.

考えが浮かびません。

 

ワイナリーへ行くことを

勧められた。

 

Route des vins d’Alsace

アルザス街道

(Route des vins d’Alsace) は、

170㎞ある。

 

マルレンアイム (Marlenheim)

から、南へ。

タン (Thann) まで。

フランスで、一番古い、ワイン街道。

 

街道沿いには、ワインを作っている

村が、およそ100ある。

 

アルザスは、

白ワイン (vin blanc) が有名。

 

Riquewihr

リクヴィル (Riquewihr) は、

街道沿いにある村である。

 

「フランス人が好きな村」

上位に選ばれた。

 

perle d’Alsace

アルザスの真珠

と呼ばれている。

 

Musée Hansi

アンシ美術館 (Musée Hansi) は、

アルザスが誇る、絵本作家アンシさんの

美術館である。

 

頭に、大きなリボンをつけた

女の子の看板が、目印。

「アルザスの民族衣装」である。

 

アンシさんの

  • 歴史を知る
  • 原画など、150の作品を見る

ことができる。

 

子供達の姿を通して、

  • アルザスの暮らし
  • 風景

を描いた。

 

子供達は、

アンシおじさん (Oncle Hansi) と

呼んでいた。

 

Zellenbergへ

おすすめのワイナリーがあると

聞いて、常盤貴子さんと、

ドミニク・シャニョンさんは、

ツェレンベルク (Zellenberg) へ行く。

 

Maison Jean Huttard

「caveau」とは、家族で経営する

小さなワイナリーである。

 

「caveau」の1件、

メゾン・ジャン・ユタール

(Maison Jean Huttard) へ着いた。

 

1860年に創業。

家族4人で、ワインを作る。

 

Hélène Huttardさんが、

スポンサーリンク

迎えたくれた。

 

Hélèneさんは、ワインラベルの

絵を描いている。

 

ワインの試飲

自慢のワイン、アルザスのクレマン、

(crémant d’Alsace) 白の辛口

スパークリングワインを

出してくれた。

 

ワインを飲んだ、常盤貴子さん。

C’est frais!

爽やか!

 

地下で、3年間、寝かせて、

  • 繊細な泡
  • 上質なアロマ

が出る。

 

ブドウ畑を見学

ブドウ畑 (vignoble) を見学。

 

案内してくれたのは、

Hélèneさんのお兄さん、

Antoineさん。

 

ゲヴュルツトラミネール

(Gewurztraminer) は、

アルザスの、ブドウの王様である。

 

アルザスは、ドイツに近い。

ブドウの種類は、ドイツと

同じものも多い。

 

ここでは、他に、

  • リースリング (Riesling)
  • ミュスカ (Muscat)
  • ピノ・グリ (Pinot gris)

など、7種類のブドウを作る。

 

ブドウ畑でピクニック

Hélèneさん、Antoineさん、

母親のMartineさん、

常盤貴子さん、ドミニク・シャニョンさん。

 

5人で、ブドウ畑で、ピクニック。

 

リースリングの辛口白ワインで、

乾杯。

À votre santé!

乾杯!

 

ワインを飲んで、

ドミニク・シャニョンさん。

C’est vraiment très bon.

本当においしい

 

常盤貴子さん。

Ça fait du bien.

いい気分

 

おつまみは、アルザスの名物、

「presskopt」。

豚のほほ肉、舌を

ポトフのように煮る。

ジュレにして、

冷やしているもの。

 

もう1本、甘口白ワイン、

ゲヴュルツトラミネール

(Gewurztraminer) も飲む。

 

おつまみは、チーズ、

マンステール (Munster)。

  • 濃厚
  • ウォッシュタイプ

牛乳で作られる。

 

Fromage / Munster
Fromage / Munster

 

ドミニク・シャニョンさん。

Parfait!

完璧

ワインと、よく合う。

 

上質なカカオを使っている

ミラベルのショコラも出た。

 

ミラベル (mirabelle) は、

アルザス地方のスモモの一種。

 

「アルザスワインは、あらゆる料理に

合う。」

と、Antoineさんは、言った。

 

クリスチャン・ディオールさんの言葉

クリスチャン・ディオールさんは、

アルザスワインについて、言う。

 

Un petit verre d’Alsace,

c’est comme une robe légère,

une fleur de printemps.

 

意味。

1杯のアルザスワインは軽やかなドレス

春の花のようである

 

(出演者:常磐貴子さん、ドミニク・シャニョンさん、

人形:トリスタン・ド・グドーさん。)

 

↑ Amazonへ。

 

NHKテレビ 旅するフランス語 2017年3月号[雑誌]【電子書籍】

↑ 楽天ブックスへ。

 

旅するフランス語2017年3月号

↑ BookLive!へ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket