Pocket

旅するフランス語、第9回放送、

フランス映画探訪3、

永遠の輝きを放つ1枚、を見た。

 

映画
映画

 

Jean-Luc Godard 監督の言葉

ジャン=リュック・ゴダール

(Jean-Luc Godard) 監督の映画、

「小さな兵隊」(Le Petit Soldat) のセリフから

番組は、始まった。

 

La photographie, c’est la vérité.

Et le cinéma, c’est 24 fois

la vérité par seconde.

 

意味は、

写真が真実なら 映画は毎秒24倍真実だ

である。

 

↑ Amazonへ。

 

Studio Harcourt へ

常磐貴子さん、ドミニク・シャニョンさんは、

パリ16区にある、スタジオ・アルクール

(Studio Harcourt) へ行く。

 

建物に入ると、ポートレートがある。

右に、Brigitte Bardot さん、

左に、Marlene Dietrich さん。

 

さらに、建物の中へ進む。

 

写真をみて、ドミニク・シャニョンさん。

C’est qui? これは誰?

 

往年の、映画スターの写真が

たくさん飾ってある。

 

Catherine Renard さんの話

スタジオ代表、Catherine Renard さんの話。

ここは1900年代初頭に生まれた

フランス写真史を代表するスタジオです

 

トリスタン・ド・グドーさんの解説

1934年に創業。

世界の男優 (acteur) 、女優 (actrice) など、

30万人以上を、撮影してきた。

 

Roland Barthes さんの言葉

フランスの哲学者、ロラン・バルト

(Roland Barthes) さんが、

このスタジオについて、言葉を残している。

 

En France, on n’est pas acteur,

si l’on n’a pas été photographié

par les Studios Harcourt.

 

Cosette Harcourtさん

Cosette Harcourt さんは、

スタジオの設立に関わった。

 

映画の、照明技術を応用して、

独特の写真スタイルが、生まれた。

 

独特の技術とは

Catherine Renard さんが、

独特の技術について、話す。

 

l’ombrela lumièreを表現しやすい

モノクロ写真なの

 

photographie (写真)の意味は、

「光で書く」である。

光で、顔を描いていると言う。

 

フランス語で、写真撮影

常盤貴子さん、スタジオで

写真撮影を、体験する。

 

メイクをする

始めにメイク (Maquillage) をする。

普通のメイクより、濃いめである。

 

使う色は、モノクロ写真に合うもの。

  • 濃い紫
  • グレー

 

着替える

Marlene Dietrich さん風に、

中性的な服を着る。

 

ドミニク・シャニョンさん。

着替えた、常磐貴子さんを見て、

Tu es magnifique! きれいだよ

とほめる。

 

メイク、衣装は、

テキストの表紙写真で

見ることができる。

 

カメラマンさんとスタジオへ

カメラマンさん。

Allons-y. 行きましょう

 

スタジオで、常盤貴子さんに向かって

カメラマンさんは言う。

Asseyez-vous. 座ってください

スポンサーリンク

 

Asseyez は、動詞 s’asseoir(座る)の

お願いをする表現である。

 

親しい人には、

Assieds-toi. 座って

と言おう。

 

座った、常磐貴子さんに、

カメラマンさんは、

Fermez les yeux. 目を閉じてください

と、言う。

 

撮影は、

  • フラッシュを焚かない。
  • 照明で、光、影を作る。

の方法で、行われた。

 

いろいろな角度からの撮影。

 

カメラマンさんは、常盤貴子さんに

ポーズをお願いする。

Regardez en haut. 上を見てください

Regardez en bas. 下を見てください

 

Regardez は、regarder(見る)の

お願いする表現。

 

  • en haut (上を)
  • en bas (下を)

と、方向を表す。

 

  • à gauche (左を)
  • à droite (右を)

も合わせて、覚えると、

道案内で、使うことができる。

 

会話をして、わからなくなった

時に使う表現。

Parlez plus lentement, s’il vous plaît.

もう少し ゆっくり話してください

 

撮影が終わる。

C’est fini. 終了!

 

Catherine Renardさんは、語る

このスタジオで、写真を撮ること。

写真以上の

  • 体験
  • 記憶

になる。

 

永遠のイメージimage pour l’éternité」です

 

撮影後

できあがった、写真27枚から、

気に入った写真を、1枚を

常盤貴子さんが選ぶ。

 

選ぶコツを、カメラマンさんが、

教えてくれた。

  • 目の表情が、輝いている写真
  • 一目惚れした写真

 

1枚の写真は、

テキストに、載っている。

 

フランス映画祭2016

2016年6月24日から27日、

フランス映画祭

(Festival du film français au Japon)

が行われた。

 

1993年から始まり、続いている。

 

公開前の映画を、

楽しむことができる。

 

映画祭
映画祭

 

オープニングセレモニー

日本、フランスの映画人

(cinéaste) がそろった。

 

  • 浅野忠信さん(俳優)
  • 是枝裕和さん(映画監督)
  • Isabelle Huppertさん(女優)

も、来た。

 

インタビュー

会場にいた、3人に、聞く。

 

Guillaume Nicloux 監督

作品「愛と死の谷」について、

テーマを聞いた。

 

l’amour 愛です

 

主役は、Isabelle Huppert さん。

 

Maïwenn 監督

作品「MON ROI」(私の王様)という

タイトルの意味を聞く。

電撃的な愛を、表現している。

 

Isabelle Giordano さん

主催団体の代表である

Isabelle Giordanoさんに

フランス映画の特徴を聞く。

 

私的なテーマが多い。

  • 友情
  • 親子関係

 

(2016年11月30日放送、

出演者:常磐貴子さん、ドミニク・シャニョンさん。

人形:トリスタン・ド・グドーさん。)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket