Pocket

歯垢、歯石を取り除くため

歯医者へ行った。

 

年齢を重ねるとともに、

歯周病のことが気になり始めた。

 

歯垢をそのままにすると・・・。

↓ (2日間で。)

歯石になる。そして・・・。

歯石がどんどん硬くなる。

↓ (歯垢がつきやすい。)

歯周病になる。

 

歯医者へ予約するとき。

歯に何も異常がないのに、

歯医者へ予約をするとき、

どう予約すればいいか

きっかけがつかめなかった。

 

「歯を調べて欲しいので

予約します。」と言って

予約した。

 

すんなり受け入れられた。

 

自分で、歯の検診日をつくった

ようなものである。

 

歯医者で何をするか?

初めて行った歯医者の場合、

問診票を書く。

 

歯医者へ来た理由、

歯の状態、病歴、薬の服用の有無、

などである。

 

自分の前に、治療している人が

いる場合、歯医者特有の、

「キーン」という音が

聞こえるかもしれない。

 

気にしないことである。

 

診察室に入る。

 

歯医者にどんな症状であるか

聞かれる。

 

問診票に書いているが、聞かれたら、

「虫歯があるか調べて

ほしいのですが。」と

言えば大丈夫である。

 

口を開けると、

上の歯、下の歯を

丁寧に見てくれた。

 

歯のクリーニングとは?

虫歯があれば、治療をする。

 

歯のクリーニングをしてから

治療をする場合もある。

 

歯のクリーニングは、

歯垢、歯石を取ることである。

 

虫歯がない場合

  • 上の歯のクリーニング
  • 下の歯のクリーニング

の2回の通院で終わる。

 

虫歯がある場合

小さい虫歯であれば、

詰め物だけの治療なので、

その日に終わる。

 

かぶせものをしなければ

ならないとき。

かぶせものは、ないので、

できてから、後日、かぶせる。

 

歯垢(プラーク)とは何か?

細菌と代謝物のかたまりである。

食べかすとは違う。

 

歯の表面を見る。

白、黄色っぽい色で表面に

でこぼこついている。

スポンサーリンク

これが、歯垢(プラーク)である。

 

細菌は、だ液で流れる。

流れの悪いところに、

細菌が歯につく。

 

微生物が、口内の糖分で

増え始める。

 

歯垢(プラーク)ができる。

1mgあたり、微生物が

約300種類、2億個いるという。

 

歯垢(プラーク)がつきやすい場所

  • 歯と歯茎の境目
  • 歯と歯の間
  • 奥歯のへこんだところ
  • 抜けた歯がある場合、その周り
  • 歯並びで、歯が重なっているところ

 

24時間で歯垢(プラーク)はできる。

歯の表面にしっかり付いてしまう。

うがいくらいでは取れないのだ。

 

歯みがき、糸ようじ(フロス)で

掃除しても、みがき残しが出る。

 

みがき残しから、歯垢ができる。

歯医者で取ってもらうのが良い。

 

歯石とは何か?

歯垢(プラーク)が石灰化したもの。

 

歯と歯ぐきのところに、白っぽい

固まったものがある。

これが歯石である。

 

歯垢(プラーク)を放っておくと

2日から3日で、歯石になる。

 

歯石のリスク

虫歯、歯周病、口臭の元になる。

 

歯石は自分では取ることが

できない。

歯医者で取ってもらうことになる。

 

歯医者で言われたこと。

 

「歯石がたまってくると、

虫歯が見えなくなってしまうので、

定期的に、歯医者に来てください。」

 

「歯のクリーニングをすると、

歯垢、歯石が取れ、歯と歯ぐきに

すきまができて、冷たいものが

しみる場合があるので、注意してください。」

 

「半年後に、また来てください。」

歯医者2人

 

「大人の虫歯って?歯を失う原因に、なっている。」はこちら。

 

「歯間ブラシとフロスで歯の健康を保つ。」はこちら。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket