Pocket

歯間ブラシとフロスで歯の健康を

保つことができる。

歯みがきの時に合わせて

使っている。

歯

歯垢と食べかすの取れ方

歯間ブラシ、フロスを使う場合と

歯ブラシだけで磨く場合と

歯垢や食べかすの取れ方は

違うのだろうか?

 

歯ブラシのみで歯を磨く:61%取り除く。

歯ブラシとフロス:79%取り除く。

歯ブラシと歯間ブラシ:85%取り除く。

 

歯間ブラシとフロスの効果がわかる。

 

歯間ブラシとフロスを使う順番

歯ブラシで歯を磨いたあと、

歯間ブラシとフロスをどう使えば

よいのだろうか?

 

  1. 普通の歯ブラシ
  2. フロス
  3. 歯間ブラシ
  4. フロス

 

4のフロスは、場合によって使う。

 

歯間ブラシとは何か?

↑ Amazonへ。

 

歯間ブラシでは、歯ブラシでは

取り切ることができない歯と歯の間を、

取ることができる。

 

歯間ブラシの種類と使い方

I字型とL字型がある。

 

前歯

歯の間に、歯間ブラシをいれる。

前後にゆっくりと動かす。

 

奥歯

I字型を使う場合は、ブラシの付け根から

90度に曲げて使う。

 

口をイーの形にして、(閉じ気味)

歯の間に入れる。

歯間ブラシを前後に動かす。

 

頬の内側の肉で、歯間ブラシを

押すような感じになる。

 

歯間ブラシのサイズ

太さがいろいろある。

自然に動かすことができるものを

選ぶ。

 

歯のすきまは歯の場所によって

違うので、使い分ける。

 

歯間ブラシの使用後

  1. 水で洗う。
  2. 風通しのよい場所で乾かす。

 

同じものを使うことができる。

 

ブラシ部分が傷んだら変える。

ワイヤー部分が曲がったら変える。

 

歯ぐきを傷めないように

気をつけて使用する。

 

歯間ブラシを実際に使ってみる。

鏡で見ながら歯間ブラシを

使ったほうがよい。

 

鏡なしで、使っていたら、

歯と歯の間に、歯間ブラシを

さしそびれた。

歯ぐきを傷つけて、出血してしまった

ことがある。

 

くれぐれも気をつけましょう。

 

フロスとは何か?

歯と歯の間を掃除する糸である。

ゆっくりと、鏡を見て、使う。

スポンサーリンク

 

フロスの種類

ワックス加工のもの

初心者に向いている。

↑ Amazonへ。

 

ノーワックスのもの

歯のざらつきなどに気がつきたい

上級者向けである。

↑ Amazonへ。

フロスの使い方

  1. フロスを40センチほどに切る。
  2. 左手中指に2、3回巻く。
  3. 右手中指に2、3回巻く。

 

(両手の間隔が10センチから

15センチになるように巻く。)

 

両手の親指、人差し指で、フロスを

ピンと張るように持つ。

 

  1. フロスを歯と歯の間に入れる。
  2. 「く」の時にフロスを曲げる。
  3. 下から上へフロスを上げながら抜く。

 

フロスをもう少し簡単に使う方法がこちら。

 

フロスと糸ようじ、違いは?

フロスに持ち手をつけたものが

糸ようじだという。

 

↑ Amazonへ。

 

歯と歯の間から、抜けなくなった時。

 

フロスは、巻いている

どちらかの指の糸を外せば

取ることができる。

 

糸ようじは、歯と歯の間から

抜きづらいときがある。

 

細めの糸から使うのがオススメ。

 

糸ようじは、力の入れ具合では

歯ぐきを傷つけてしまうともいう。

 

私は、糸ようじを使っている。

 

糸にいろいろなカスがつく。

こんなに歯についているのだと知った。

 

ワンタクトブラシ

ワンタクトブラシも使っている。

歯と歯の間や、親知らずを抜いたそばの

歯をやさしく磨く。

 

↑ Amazonへ。

 

歯ブラシ、歯間ブラシ、

フロス、糸ようじ、ワンタクトブラシを

うまく使い、歯を大事にしていきたい。

 

「大人の虫歯って?歯を失う原因に、なっている。」はこちら。

 

「歯垢、歯石を取り除くために、歯医者に行った。」はこちら。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket