Pocket

生きるのが楽になる「感情整理」のレッスン、

ワタナベ薫さんの著書を読んだ。

 

ネガティブな感情になった場合、

どう対応すればよいかの

ヒントを得ることができる。

 

ネガティブになっても、大丈夫

ネガティブな感情が、襲ってきたとき。

無理にポジティブにならなくて良い。

 

ネガティブな感情は悪いものではない、

ということ。

 

ネガティブになることを、

許すことをしてみよう。

 

  • こんなことではだめ。
  • もっと元気になりたい。

などの、前向きな心は・・・。

ポジティブな気持ちに変わろうと

している。

 

明るさと、暗さの両面を持つのが、

である。

 

自分を否定しないこと。

「こんな自分でも良い。」と

受け入れると、楽になる。

 

受け入れる
受け入れる

 

怒りの感情は、宝

怒りの感情は、悪いと

思われている。

 

怒りと向き合ってみる。

 

怒ったときに、冷静に

自分に聞いてみる。

 

「なぜ私は怒っているのだろう?」

 

書き出してみる。

  • 理由
  • 感情
  • キーワード

など。

 

怒りのわけが、わかる。

  • 大切なことが、軽く扱われる。
  • 大事なことが、人に侵される。

 

ワタナベ薫さんの場合

ワタナベ薫さんの、怒りの感情が

起きる場合。

うそをつかれることである。

 

大事にしていることは、

  • 誠実
  • 正直

である。

 

怒りの感情から、自分の信念が

わかる。

 

宝物のような自分軸となることでしょう。

 

うまくいかない時から、逃れる方法

自分にとって、うまくいかないことが起こる。

「最悪だ。」と言ってしまう。

口に出していると、ますます

良くないことを引き寄せてしまう。

 

うまくいかない時から、逃れるには・・・。

「いつもと違うことをやってみる。」

 

小さなことでよい。

スポンサーリンク
  • 違う道を通る。
  • 違う場所で、食事をする。

 

大きなことでは、

  • 引っ越し
  • 転職

などである。

 

良くない出来事に対して、

目を向けないようにする。

 

例:大事な物がなくなり悲しくなる。

 

いつまでも、悲しまないように

意識する。

良い方向へ、変えてみる。

「私の身代わりをしてくれた。」など。

気持ちが軽くなり、うまくいかないと

思うことから、逃れることができる。

 

やめる方法

自分でやめたいと思うことが

なかなかやめることができない。

 

どうすれば、やめることができるか?

  • やめるという考えを、やめる。
  • 新しいことをやってみる。

 

例:ダイエット

ダイエットをするために、

食べないようにする。

ストレスになる。

余計に食べてしまう。

 

そこで・・・。

食べることはやめないで、

新しいことをする。

 

「毎日、駅1つ分を、歩くこと。」という

新しいことを、行動に加える。

 

食べる。

歩く。

景色を楽しむなど、

新しい発見がある。

 

歩くという運動が加わり、

自然と、体重も落ちる。

 

楽しもう
楽しもう

 

楽しみながら、することを

忘れずに。

 

↑ Amazonへ。

 

生きるのが楽になる「感情整理」のレッスン「がんばっているのに、なぜかうまくいかない」と悩むあなたへ【電子書籍】[ ワタナベ薫 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket