Pocket

直感で人生をよりよい方向へ動かす、

上地一美さんの本を読んだ。

 

あなたの苦しみや悲しみは最低限に、

幸せや喜びは無限大に。

 

直感の働き

直感は、

  • 意識
  • 無意識

の間で、魂のメッセージを

受け取る。

 

直感の働きが、鈍いと・・・。

魂のメッセージを、受け取りにくい。

 

直感は味方

直感が、働くようになる。

意識をしなくても、

魂のメッセージが、直感に届く。

 

  • 幸せへのメッセージ
  • 危険に気がつくメッセージ

も、ある。

 

魂も直感も、「絶対的に自分の味方」です。

 

  • 良い事
  • 悪い事

に、思えるメッセージ。

自分の人生を、よりよい方向へと

もっていくために送られたメッセージ

 

困難が起こったとき

困難が起こったとき。

過去の直感に、気付かなかった

結果であることがある。

「過去の振り返り」が大事。

「なぜ?」が糸口になります。

 

例:精神を病んでしまったとき

上地一美さんのところへ、

相談に来た人。

 

精神を病んでいた。

 

精神を病む前のことを

振り返ってもらう。

  • 原因
  • サイン

が、わかる。

  • 仕事がつらい。
  • 人間関係に悩む。

など。

気がつかず、病気になる。

無理をしていたと、わかる。

 

振り返り、未来を変える

困難など、全ては

自分が引き寄せている。

全てのことを、

自分が、変えることができる。

 

前向きになる
前向きになる

 

困難を、前向きにとらえる。

直感が磨かれる。

魂のメッセージを、受け取る。

人生が、前向きになる。

 

困難は、なくなるわけではない

困難は、自分を大きく

成長させるものでもあります。

 

人生の中の、困難は決まっている。

乗り越えられない困難は、ない。

乗り越える工夫をする。

困難が、小さくてすむ。

 

楽しく暮らすこと

困難のあとの、人生の過ごし方で、

その後の、人生は決まる。

 

例:会社の経営が傾く

会社を共同経営していた

スポンサーリンク

AさんとBさん。

 

2つの困難が起こる。

  • 経営が傾き、会社を手放す。
  • 自宅を失う。

 

AさんとBさんの考え方に

違いが出る。

 

Aさんの場合

  • 家族で、一緒に乗り越えよう。
  • 家は、借家で、どこに住もうか?

と、前向きになる。

新しい家に住み、新しい事業をする。

家族と、笑って過ごしている。

 

家族で笑顔
家族で笑顔

 

Bさんの場合

  • 家を手放したくない。
  • 悲しむ。

家族に、責められるBさん。

病で、あの世へ行った。

 

困難は、受け止め方の違いで、

大きくなったり、小さくなったりする。

 

どんな困難にも必ず終わりが来る。

 

  • 慌てない。
  • 騒がない。

受け入れる。

できるだけ楽しく暮らす工夫を

してみてほしいのです。

 

↑ Amazonへ。

 

直感で人生をよりよい方向へ動かす【電子書籍】[ 上地一美 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

直感で人生をよりよい方向へ動かす

↑ BookLive!へ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket