Pocket

神様が教えてくれた「怒り」を

「幸せ」に変える方法、

日下由紀恵さんの本を読んだ。

 

「怒り」の感情は、出したくないし、

感じたくない。

 

「怒り」とは、何か?

 

気になり、この本を手に取った。

 

幸せ
幸せ

 

神様は「怒り」をこう言う

神様は「怒り」について、こう言う。

「怒りは、心の叫びに気づく

大切な出来事」

 

ファッションデザイナーに

なりたいと思っている人がいる。

 

事務の仕事で毎日忙しい。

 

笑顔で仕事をしているが、

本音は「つらくて、もうイヤ。」

 

本当の夢が、心の中に、置き去りに。

 

「イヤだ。」という怒り。

「心の中の夢を叶えてあげたい。」という

神様からのシナリオ。

 

「怒り」から神様を味方にする

「怒り」で、自分の本音に気がつく。

人生に向き合うと決める。

神様に、覚悟を見せることになる。

神様は、そんなあなたの味方です!

 

「怒り」を意識する

  • 「怒り」を人からぶつけられた
  • 「怒り」の感情が生まれた

「怒り」の感情にとらわれること。

否定しなくてよい。

 

大事なこと

「怒りで乱れてしまう感情を

早く、元の感情に戻すこと。」が

大事だと、神様は言う。

 

感情が乱れる。

波動が下がる。

重い波動と同調する。

運気が下がる。

 

「怒り」は、無意識に現れる。

  • 意識して何かをする。
  • 意識して何かを考える。

「怒り」を抑えることができる。

 

天が動く

昔ばなし。

正直者のおじいさんは、

意地悪をされても、

  • にこやか。
  • おだやか。

  • 相手を責めない。
  • 全て受け入れる。

幸せになった。

 

怒りの感情を整える人優先に、

天は動くということ。

 

天の力を信じて、待ってみる。

スポンサーリンク

最高の時期に、良いことが

やってくる。

 

「怒り」が出たら実践したい浄化の行動11

  1. 体、頭を使う。
  2. 文字に書く。
  3. スマホに打つ。
  4. 頭の中で文字にして流す。
  5. 紙にグルグルと書く。
  6. 頭の中で怒りを吐き出す。
  7. 呼吸、声、涙、音で吐き出す。
  8. 身体のマッサージをする。
  9. 自分宛てに「怒り」をメールする。
  10. 言いたいことを言葉で吐き出す。
  11. 相手の怒りから離れる。

 

自分で出来そうなことから、

始める。

 

思い出しても、まだ「怒り」が

ある時。

「自分は傷ついたのね。」と

いたわり、できることをしてみる。

実践した後、「ありがとう。」と言う。

「浄化するための行動」であると

自覚することができる。

 

本を読むことで、「怒り」に対する

理解が深まり、意識が変わり始めた。

 

↑ Amazonへ。

 

神様が教えてくれた 「怒り」を「幸せ」に変える方法【電子書籍】[ 日下由紀恵 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

神様が教えてくれた「怒り」を「幸せ」に変える方法

↑ BookLive!へ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket