Pocket

絶対運、史上最強の運命術、

深見東州さんの本を読んだ。

 

運命
運命

 

絶対運の「絶対」とは

本のタイトルで、「絶対」と

使っているのは、なぜか?

「絶対」こそ

  • 人間の究極の目標

である。

人間は「絶対」を目指して

日々精進するべきである。

 

「運」を良くするためには?

「運」を良くするには、

  • 自力
  • 他力

を、うまく使うことである。

 

自力運とは

「自力運」とは、

自分の潜在意識の奥に

眠っている能力を呼びさます

パワーのこと

である。

 

自力運をつける

「自力運」をつけるためにすること。

  • 自分が、幸せになる。
  • 今の悩み、不安からの解放。
  • 今を生きる。

 

他力運とは

自力運

才能を引き出す。

途中で、現れる運が、

「他力運」である。

「自力運」の何十倍の

力がある。

 

他力運を呼びこむ

「他力運」を呼びこむためには、

「徳」を積む。

 

「徳」の量で、

  • 自力運の高まり方
  • 他力運の呼び込み方

が変わる。

 

「徳」は、3種類ある。

 

「徳」3種類

三つの徳があってこそ

一流の人物になれる

 

1.人徳(じんとく)

人徳とは、自分自身の

  • 知識を高める
  • 品性を磨く

などを高める、人格面のこと。

 

2.地徳(ちとく)

地徳とは、過去の徳分である。

前世で、積んだ徳である。

 

3.天徳(てんとく)

天徳とは、天の徳である。

 

  • 神様、仏様に、功徳を積む。
  • 信仰力を持つ。

天徳を得る。

 

本当の強運

  • 自力運
  • 他力運

重なり合う。

  • 爆発的に
  • 永続的に

パワーを持つ。

 

「ツイてる」、「運がいい」とは

一般に言う、

スポンサーリンク
  • ツイてる
  • 運がいい

というのは、

  • 神様
  • 仏様

など、第三者がくれた

他力による、幸運である。

 

運、不運をわける3つの要素

運、不運をわける要素は、

3つある。

 

  1. 境地、精進、努力
  2. 前世のカルマ
  3. 家に代々ある因縁

 

人は、輪廻転生を繰り返す。

運命とは、

命を運ぶこと

 

運命

私たちが、

御魂(みたま)を向上させることを

待っている。

 

カルマを上回る徳は3つ

カルマを上回る、3つの徳を積む。

本物の強運となる。

 

1.体施(たいせ)

体施とは、労働奉仕を

することである。

 

2.物施(ぶつせ)

物施とは、

  • お金

を与えること。

 

3.法施(ほつせ)

法施とは、

  • 神仏
  • 真理

の道を説くこと。

 

和顔愛語(わげんあいご)

和顔愛語とは、施しである。

 

なごやかに、優しく、

人と接する。

接した人は、心がなごむ。

 

ひとりの人をささやかながら

救ったことになる。

 

↑ Amazonへ。

 

絶対運 EPUB版【電子書籍】[ 深見東州 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

絶対運

↑ BookLive!へ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket