Pocket

朝、目が覚めたら、膝が痛かった。

直径、約1㎝の青あざがあった。

 

寝ている間に、タンスに

膝を打ってしまったことを

思い出した。

 

痛みはあるが、腫れていない。

自転車に乗って、買い物へ行った。

 

帰ってきたら、青あざの色は

薄くなっていた。

 

偶然かもしれない。

 

青あざについて、知る。

 

膝を打った
膝を打った

 

青あざができる原因

体を、物にぶつけた時にできる

青あざができる原因は、

内出血である。

 

体を打つ、ぶつける。

  • 皮膚組織
  • 筋肉

が、傷つく。

内出血。

青あざができる。

 

青あざができる場合は、

皮膚の浅い部分が、

内出血を起こしている。

 

内出血と同時に、腫れることもある。

 

青あざの初期は、冷やすことが大事

内出血で、青あざができてしまったら、

冷やすことが大事。

 

青あざと、同時に傷がある場合、

傷を、先に手当する。

 

氷嚢(ひょうのう)などで冷やす

青あざを、氷嚢(ひょうのう)などで、

冷やすと良い。

 

↑ Amazonへ。

 

長い時間、皮膚を、直接、

冷やすと、凍傷になる可能性がある。

 

冷やす方法

タオルなどを巻いてから、

氷嚢をあてる。

 

10分から20分、冷やす。

  1. 血流が緩くなる。
  2. 血液の溜まりによる、腫れを防ぐ。

↓  結果として・・・。

  1. 内出血を、止めることができる。
  2. 痛み、腫れを抑える。

 

青あざを早く治す方法(裏技)

青あざを、早く治す方法がある。

 

用意する物:

楊枝:20本から30本。

スポンサーリンク

 

  1. 楊枝を、輪ゴムなどで束ねる。
  2. 青あざを、束ねた楊枝でたたく。

 

たたく時の注意:

気持ちがいいと思うくらいの

強さで、軽くたたくこと。

 

たたく時間:

2分から3分。

 

皮膚が、少し赤くなる。

 

なぜ、青あざが、早く治るのか?

青あざを、軽く、楊枝でたたく。

皮膚の炎症で、起きた熱が、逃げる。

血流が良くなる。

内出血が、早く治る。

 

青あざは、黄色くなる

青あざが、黄色くなれば、

治ってきたことになる。

 

あざが、黄色くなる原因

傷が修復される。

内出血で、貯まった血液が

分解、吸収される。

ビリルビンが出る。

青あざが、黄色くなる。

 

ビリルビンとは

血液の中の、赤血球には、

ヘモグロビンがある。

 

ヘモグロビンが壊れると、

ビリルビンができる。

 

ビリルビンは、血液で、

肝臓へ運ばれる。

 

肝臓の中で、

グロクロン酸とくっつく。

胆汁になる。

胆管を通る。

体外へ、排泄物と共に、出る。

 

打ち身が治る期間は?

打った程度により、治る期間は

異なる。

 

軽い症状の場合:

自然治癒力で、1週間くらいで治る。

 

重い症状の場合:

2週間から3週間くらい、かかる。

 

安静にする。

自然治癒力で、治る可能性が高い。

 

ほっとする
ほっとする

 

朝と比べて、痛みがなくなってきたので、

軽かったようだ。

 

あとは、青あざが、消えるのを

待つのみである。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket