Pocket

自分を操る超集中力、

メンタリストDaiGoさんの

本を読んだ。

 

集中力は、どこからくるのか

集中力は、前頭葉からくる。

 

前頭葉
前頭葉

 

前頭葉は、

  • 思考
  • 感情

を、調整する力がある。

 

この力は「ウィルパワー」と

呼ばれています。

 

「ウィルパワー」の特徴

「ウィルパワー」の特徴は、

2つある。

 

特徴1

量が、一定。

使うと、消耗する。

 

特徴2

出るところは、1つ。

 

  • 仕事をする。
  • 間食をする。

など、関係がない行動も、

「ウィルパワー」が出るところは、

1つである。

 

「ウィルパワー」を鍛える方法2つ

集中力を鍛える。

「ウィルパワー」を鍛える。

 

方法は、2つある。

「①ウィルパワーを増やす」

「②ウィルパワーを節約する」

 

集中力を高める

集中力を高める方法の

1つに、色を使う方法がある。

 

色を使う方法

集中力を高める色は、

水色である。

 

机の上に、水色のペン立てを置く。

集中できて、体感時間も

短くなる。

 

「60分間」作業をしても、

「45分間」に感じる。

 

集中できる場所を作る

人は集中し始めるときに、より多くの

ウィルパワーを使います。

 

  • 仕事
  • 勉強

を、始めようと、机に向かう。

机の周りが、整っていないだけで、

集中力が、なくなる。

 

例:

スマートフォンが、机の上に

置いてある。

スマートフォンに、目がいってしまい、

集中力を欠く。

 

目につきにくい所へ、スマートフォンを

移動させる。

 

スマホやケータイをはじめ、

注意をそらすものを断捨離する’ ’ ’ ’ ’

スポンサーリンク

集中力が増す。

 

「ウィルパワー」を節約する方法

意志決定を減らすようにする。

「ウィルパワー」が、消費されない。

 

例:家事

食事をする。

皿洗いをする。

  • 今、する?
  • 後で、する?

 

誰がするのか。

  • 自分がする?
  • 他の人がする?

どちらにするか、意志決定をすることが、

「ウィルパワー」の消費につながる。

 

メンタリストDaiGoさんは、

意志決定をせず、習慣にした。

洗い場へ、食器を持っていき、

すぐに洗う。

 

脳は、行動することでは、疲れない。

意志決定が、続くことで疲れる。

 

やるべきことなら、雑事こそ

即時判断することが重要です。

 

  • 習慣化
  • 仕組み化

で、やるべきことを、すぐにする。

選ぶことを少なくして、

集中力を上げる。

 

集中力
集中力

 

メンタリストDaiGoさんは、

「集中力」で、今の地位を

手に入れることができた。

 

↑ Amazonへ。

 

自分を操る超集中力【電子書籍】[ メンタリストDaiGo ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

自分を操る超集中力

↑ BookLiveへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket