Pocket

自助論、

サミュエル・スマイルズさんの著書を読んだ。

 

天

 

「天は自ら助くる者を助く」

この言葉に惹かれた。

 

フランス語では、Aide-toi, (et) le Ciel t’aidera.

英語では、Heaven helps those who help themselves.

 

最初に英語の参考書を読んでいて、

この言葉を見つけ、震えるほど感動した。

 

日本語で意味を確認すると、

やはり、素晴らしかった。

 (テジタル大辞泉より)

天は、他人に頼らずにひとりで努力する者を

助けて幸福を与える。

 

周りの人の助けを、借りなければならないことは、

誰にでもある。

 

「ひとりで努力する者を助けて幸福を与える。」

 

この言葉には、何かを達成するために

いろいろ頑張ることは、

決して無駄ではないと思わせる。

 

この本から、良い言葉を選ぶとしたらどれか。

スポンサーリンク

迷ってしまうほどである。

 

1冊読み終えると、

ここまで頑張ることができるのかと、

気持ちが萎えてしまうかもしれない。

 

「がんばれ、がんばれ」と

言われている気もしてくる。

 

自分に合った生き方で、この本の言葉で

感銘を受けた部分を取り入れるように

したほうがいいかもしれない。

 

もし、この本に若い頃出会っていたら、

人生が違っていたのかもしれない。

 

心が萎えそうな時、この1冊で元気が出そうである。

 

↑ Amazonへ。

 

自助論【電子書籍】[ 竹内 均 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket