Pocket

誰も書けなかった死後世界地図、

A・ファーニスさんの本を読んだ。

 

岩大路邦夫さん、翻訳、

山口美佐子さん、文構成である。

 

イタリアの貴族であった、

フランチェッツォさん。

 

愛する女性と出会った時、

あの世へ旅立った。

 

フランチェッツォさんが、霊界での旅を、

この世の人々に、伝えたいと思った。

 

19世紀。

ロンドンの霊媒師、A・ファーニスさんに

伝えたことが、本になった。

 

死後の世界に、疑問があるならば、

この本で、知ることができる。

 

霊は、空腹を感じるのか?

フランチェッツォさんは、

あの世に行き、眠りから目が覚めた。

空腹であった。

 

食べ物がすぐに、見つからず、

探すと、パンみたいなものが

あった。

 

食べて、空腹を満たした。

 

霊界の階層が上がる。

食べ物が、良いものになる。

 

霊界の階層
霊界の階層

 

あかつきの国

晩餐会の食事

  • 果物
  • 酔わないワイン
  • ケーキ
  • パン

 

霊界では、果物は、ただで

食べることはできない。

 

霊界で、他人を助けて、

もらえるものである。

 

霊は、痛みを感じるのか?

フランチェッツォさんが、

最初に見た霊達は、痛みを感じて

苦しんでいた。

 

低級の霊

  • 体の痛みを感じる。

 

高級になる。

  • 精神の苦しみを感じる。

 

ますます高級になる。

  • 痛みはなくなる。

 

フランチェッツォさんは、

地上であまり、良い行いを

しなかったので、霊界では

苦痛が多かった。

 

霊は、眠るのか?

霊は、霊界で仕事があり、

活動的であるそうである。

 

人のように、毎日、眠るわけではない。

 

眠りたくなければ、眠らない。

眠りたくなれば、眠る。

スポンサーリンク

 

霊が、変化する時、深い眠りに入る。

 

フランチェッツォさんの場合、

2週間程眠り、高級な霊になった。

「たそがれの国」から

1つ上の、「あかつきの国」にいた。

 

よりよい霊界へ行くために

フランチェッツォさんが、

地獄にいた霊から、聞いたこと。

 

地上であれ、この霊界内であれ、

過去の行為の作品なのである。

 

ひどい状況は、魂が作ったこと。

 

汚したことを、清めれば

明るい世界になる。

 

地上で、何かをしてしまっても、

生きているうちに、努力をして、

償う。

汚れは、清くなる。

 

望むこと
望むこと

 

フランチェッツォさんは、

この本の話を、信じてもらうことを、

望んでいる。

 

暗黒の世界から光の世界に

戻ってきた、悔い改める

魂の真実の話として受け止めて

くださるということです。

 

↑ Amazonへ。

 

誰も書けなかった死後世界地図百年前の英国で大反響のベストセラーが現代に甦る!【電子書籍】[ A・ファーニス ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

↑ iBooksへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket