Pocket

120%心地よい自分で生きる方法、

秦由佳さんの本を読んだ。

 

  • 困ったとき
  • 不安なとき

自分とどう向き合うか、

心地よい自分でいる方法が

わかる。

 

不安から抜ける

不安な気持ちになった時。

「今、何が起きているか?」

 

自分に問いかける。

 

不安は、今、起きているのではない。

未来のことに対して、不安を感じている。

 

未来を感じないで、今を感じてみること。

  • 息をしている。
  • 風を感じる。

など、五感を働かせてみる。

 

風を感じる
風を感じる

 

不安を取り除こうと、

必死になることをしなくてよい。

 

不安の中からも、普通に持つ、

心の穏やかさを、見つけてみる。

見つけると、どんな時も、

楽しむことができる精神が

出来てくる。

 

人生で迷った時

人生で、迷った時。

何かを選ばなくてはならない。

 

今までの人生と同じ道を

生きたいのか?

 

全く別の道を、生きるのか?

 

迷うとき、不安なときこそ、

「昔と同じ思考で、同じイメージで、

同じ自分で、未来を創造したいのだろうか?」

と、自分に聞いてみる。

 

どうして迷うのか?

 

自分に聞く
自分に聞く

 

原因がわかっているのに、

まだ、動くことができない。

本当の原因がまだ、ある。

その原因を知れば、迷いはなくなる。

 

過去の思考が、迷いを起こす原因であれば、

過去を離す。

 

「今の自分は、純粋にどうしたいのか?」

今を意識する。

 

新しいことをしたくてもできない時

新しいことをしたい。

でも、できない。

 

できないのは、安心してから

新しいことをしようとするから。

 

新しいことを始めるために、

念入りに準備をする。

 

  • 勉強する。
  • 情報を仕入れる。

など。

 

100%になってから、始めようとして

始めることができなくなる。

 

新しいことを始めるには、こうする

準備を100%しなくてよい。

 

「何が起きても大丈夫。」と

心の余裕を持つ。

スポンサーリンク

 

準備を100%していても、

予測しないことが、起きることがある。

 

心にゆとりを持つと、

何かが起きても、対応できる

余裕ができる。

 

夢に向かうとき、ゆとりが

たくさんあれば、進んでいくのがよい。

 

「未知の可能性が入る心のスペース」を

常に空けておくようにしましょう。

 

夢を現実にする時、受け入れること

  • 憧れ

魅力を感じて、現実にしようとする。

 

夢、憧れが叶う時には、

魅力ある面だけでなく、

悪い面も、見えてくる。

 

夢、憧れが叶わないのは、

悪い面を、受け入れることが

できないと、思っている心があるから。

 

  • 良い面
  • 悪い面

両方を受け入れる。

夢が叶う。

 

理由なく選ぶ

人生で、何かを選ばなくては

ならない時。

 

理由がないけれど、選ぶ。

人生が変わることがある。

 

理由がある場合:

  • 過去の経験
  • 未来へ期待

など。

 

理由がない場合:

「今の心の本音」だけだからです。

 

心が向く方向を、信じてみよう。

 

心

 

心地よい自分になる

心地よいとは、力を

入れていない状態のこと。

 

手を抜くわけではない。

 

心地よくいること。

心、身体の緊張がなくなる。

心が開く。

自分、他人に優しくなることが

できる。

 

正しく生きなければと、

ガチガチに、緊張しなくてよい。

 

「正しい」を卒業して、

「心地よい」を発見してみませんか。

 

↑ Amazonへ。

 

120%心地よい自分で生きる方法がんばらない人ほどうまくいく【電子書籍】[ 秦由佳 ]

↑ 楽天ブックスへ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket